ルリミノキ

ルリミノキ

ルリミノキ
ルリミノキ

あっという間に12月。先月末から「奄美大島探検図 Vol.40 2018年新春号」を来年1月発行するために作業にかかっているため、久しぶりに森にいってきました。

今日からグンと気温が下がって、午後からの森を出る16時前には気温が13度。寒いはずです。

なかなか色づいていなかったルリミノキも瑠璃色になってきました。

森では、山茶花(サザンカ)が咲き、黄葉が目立っていますが、イスノキの新芽が出始めて、サクラツツジの蕾も出始めています。ちょうど、秋の終わりと春の始まりが重なっている、といった感じでしょうか。

甲高い警戒音がすると、道端にアカヒゲがいました。そしてルリカケスも大豊作の椎の実に喜んでいるのか、飛び回っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です