カタハマキゴケ

 奄美市の名瀬運動公園で団体さんとの待ち合わせ中、駐車場脇の石の上に生えていたコケです。
 図鑑で調べてハマキゴケと思ったのですが、専門家の方から、南方ではカタハマキゴケがほとんどで、ハマキゴケの記録は無い、ということでした。
 葉の先に鋸葉があるのがハマキゴケらしいですが、デジタル顕微鏡で拡大してみると、そういうのはないようです。

デジタル顕微鏡で拡大
金作原原生林ツアー等、奄美大島を楽しむなら観光ネットワーク奄美の自然体感ツアーをご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です