アオノクマタケラン

アオノクマタケラン
アオノクマタケラン

原生林の中で梅雨時の花の一つ、アオノクマタケランがようやく咲き始めています。平野部ではもう咲き終わりの頃なのですが。

ランとついていますがショウガ科の植物です。

奄美にはゲットウ(月桃)、クマタケラン、アオノクマタケランと似たような3種類があり、島の方言ではすべて”サネン”といいます。

とある植物研究家の方によると、ゲットウとクマタケランは昔、中国あたりから持ち込まれたという説があり、確かに山には生えていません。あるとすれば、昔は畑として利用された、あるいは集落などがあった場所です。

島のお菓子でカシャ餅というよもぎ餅があり、これを包む葉がサネンと言われているので、この3種類のどれかがあやふやになっているようですが、アオノクマタケランの葉を使うようです。カシャ餅に使うにしてはゲットウは葉が厚く、香りが強すぎ、クマタケランは葉が小さすぎます。とはいえ、ゲットウを使う、という方もいらっしゃるようですが。

なお、カシャ餅の”カシャ”はどうやら柏、つまり柏餅からきているようで、これが鹿児島だと柏の葉の代わりにサンキライの葉が使われ、奄美ではサネンが使われるというふうに土地柄によって変化しているようです。

金作原原生林ツアー等、奄美大島を楽しむなら観光ネットワーク奄美の自然体感ツアーをご利用下さい。

「アオノクマタケラン」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です