ヒメユズリハの幼木

ヒメユズリハの幼木
ヒメユズリハの幼木

昨日の金作原では色んな新芽を撮影してFacebookにもアップしましたが、名前のわからないものが数点ありました。

右の写真のものについてはFacebookでヒメユズリハではないかとご指摘をいただきました。

先端の特徴のある段差はどうやら幼木特有の形のようです。

ヒメユズリハ
ヒメユズリハ

今朝の金作原で、森林管理署がネームプレートを設置しているヒメユズリハを観察してきました。撮影用に高いところの枝を引っ張ってきていますので実際の角度と違いっています。

確かに、葉の付き方、枝と葉の間の部分などヒメユズリハですね。

幼木の時には葉の形が異なり切れ込みなどが入るのはクワやアマミヒイラギモチなどが知られていますが、ヒメユズリハもそうなんですね。

金作原原生林ツアー等、奄美大島を楽しむなら観光ネットワーク奄美の自然体感ツアーをご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です