シマサルスベリの脱皮

シマサルスベリ
シマサルスベリ

”脱皮”という表現は正しくはないと思いますが、剥がれていく様子はやはり”脱皮”といいたくなるような感じです。

シマサルスベリは夏に花が咲きますが、花が咲く直前に表面が剥がれて、きれいな肌を見せてくれます。

周囲の木々を見るとツルが巻き付いたり、コケが生えたり、着生植物が着いたりしてますが、どうやらシマサルスベリは表面を剥がすことで、こういうものを脱ぎ捨てるようです。

セミも鳴き始めました。そろそろ梅雨明け、夏本番です。

金作原原生林ツアー等、奄美大島を楽しむなら観光ネットワーク奄美の自然体感ツアーをご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です