メジロホオズキ

名前はホオズキでもナス科

メジロホオズキ
メジロホオズキ

道端に太陽マークのような赤い実。

これはメジロホオズキの実で本州から東南アジアまで広く分布している植物です。

ホオズキとありますがナス科の植物。図鑑等によると6月~10月とありますが、これは本州での話しでしょう。先月末から目にしています。

ハダカホオズキ
ハダカホオズキ

同じように赤い実ですが、こちらはハダカホオズキ。

同じくナス科で、図鑑などでは本州から九州に分布とあります。

ということは、これはなにかに運ばれてきたのでしょうか。

いずれもきれいな赤色ですが、長期間食べられた形跡が無いということは美味しいわけではないようです。

金作原原生林ツアー等、奄美大島を楽しむなら観光ネットワーク奄美の自然体感ツアーをご利用下さい。

2 thoughts on “名前はホオズキでもナス科”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です