オキナワウラジロガシ

林道沿いのオキナワウラジロガシ

オキナワウラジロガシ
オキナワウラジロガシ

「MIRACLE NATURE@奄美大島の自然」さんが、”今年はドングリが豊作:オキナワウラジロガシのドングリ”という記事で、枝にたわわに実ったオキナワウラジロガシのドングリの写真を掲載しています。是非、リンク先をご覧下さい。

オキナワウラジロガシのドングリは日本で1番大きなドングリですが、木が大きくて見づらいというのもありますが、地面に落ちているのを見たことしかありません。

ツアーでご案内中はじっくり探せないということもあり、金作原への林道に枯れ木が倒れているのを除去するついでに探してみました。

残念ながら金作原への林道沿いのオキナワウラジロガシは実がついていない木が多く、早い時期からの台風で叩き落とされたのか未熟な実がたくさん落ちている木もありました。場所によって偏っているのでしょうか。

そんな中、途中の林道からチラッと見ていたオキナワウラジロガシの近くへ踏み込んでみました。写真の奥に見えているのが林道です。歩いてご案内するコースの1番奥にある板根にはおよびませんが、それでもなかなかの板根でした。

林道の倒木除去へ行きながら、オキナワウラジロガシのドングリを探しへ。林道沿いのオキナワウラジロガシの板根です。

Posted by 金作原原生林 on 2015年11月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です