リュウキュウトロロアオイ

リュウキュウトロロアオイ
リュウキュウトロロアオイ

台風11号の進路が心配ですが、当初の奄美大島直撃の予報から、東寄りに進路が変わってきていて、暴風圏にかかるかどうかという微妙な距離になってきました。

とはいっても油断はできません。

今朝も森へ行ってきましたが、途中から土砂降りとなり、ちょっと早めに切り上げてきました。

帰り道、林道沿いにはリュウキュウトロロアオイの黄色い花が雨を避けるようにうつむいて咲いていました。

頑張ってる根

岩を覆う根
岩を覆う根

今日も午後から金作原へ向かう途中、通り雨が降ってきました。

夏場は特にお昼からは、いつ通り雨が降っても不思議ではありません。

そして年間を通じても雨が多い島だからでしょう。金作原原生林ヘ向かう林道、岩場を切り開いた林道の斜面は硬い岩になっているところですが、そこにしがみつくように根を岩の上に張り巡らしてしがみついてる木の根です。これでも十分に水が得られるんですね。

台風12号の影響はほとんどありませんでした、が。

無事だったハゼノキ
無事だったハゼノキ

当初の予報よりも風雨が強かった台風12号が7/31から今朝(8/2)の早朝の返しの風まで吹き付けて去っていきました。

午前中に金作原原生林へのルートの安全確認をして午後はツアーを催行しましたが、一部強風で折れた枝もありましたが、ほとんど影響はありませんでした。

それぞれの木々が強いというより、森が自然に競争しながら共存して台風の風に耐えれるような構造になってるんでしょうね。

安心はできません。台風11号がやってきます。詳しくは「あまみ便りブログ」をご覧下さい。

その他の森の写真はFBページで。

リュウキュウズアカアオバトの親子

リュウキュウズアカアオバト
リュウキュウズアカアオバト

今日も梅雨の晴れ間、クルーズ客船サン・プリンセスの団体のお客さんを午前・午後と2回、ご案内してきました。

午前中、散策路脇の樹の枝になにやら鳥の影。よく見るとリュウキュウズアカアオバトです。しかも傍らには子供でしょうか、ちいさな鳥も一緒です。

森の中のカクチョウランも咲き出しました。クチナシも咲いていますよ。

カクチョウラン開花

カクチョウラン
カクチョウラン

原生林の中はまだ蕾ですが、日当たりのいい林道沿いではカクチョウランが咲き始めました。

GW前に林道沿いは草刈りが行われましたが、ちゃんとカクチョウランの株は残してくれています。

種子島・屋久島以南の日本最大の花のランだそうです。

混雑してます。通行注意

ヒカゲヘゴ
ヒカゲヘゴ

GW後半も始まり、森の中もレンタカーや地元の車が多く通行しています。

ツアーの車であれば、おおよそ通行する方向と時間帯は決まっている(午前は9時台が金作原へ登り、11時台が下り。午後は1時台が登り、15時台が下り。時間はおおよそです)のですが、レンタカーや地元の車はそうではないので、細い山道ですれ違わないといけなくなります。

車で通行する際は十分ご注意下さい。

なお、ほとんどのレンタカー会社は林道および金作原方面への乗り入れはトラブルが多いために禁止しています。

キンギンソウ、地味ですがランです。

キンギンソウ
キンギンソウ

昨日はサンプリンセスが入港。

サンプリンセスのお客さんを午前・午後と2回ご案内してきました。

残念ながらカクチョウランはまだ蕾ですが、キンギンソウが咲いています。

地味な花ですが、これもランですよ。

ハゼノキの葉がグングン広がってます

ハゼノキ
ハゼノキ

昨日の雨も止み、今日は曇り空ですが穏やかな天気となりました。

午後のツアーで入った森は風は無かったのですが、それでもちょっと気温は低め。Tシャツだけでは肌寒いので1枚余計に着たほうがいいようです。

また、GWに入り、例年のことですが地元の車が林道に入ってきているようです。通行には十分注意して下さい。(レンタカーでの林道への立ち入りはレンタカー会社さんが禁止していることが多いです)

ギンリョウソウは萎みました

P1040280s2月末に姿を見せ始めたギンリョウソウですが、約1ヶ月経ち、花はすっかり終わって種をつけた姿になりました。

途中の様子などは随時Facebookページに掲載していますのでご覧下さい。