ギンリョウソウとナンゴクホウチャクソウ

ギンリョウソウ

 いつもの場所にそろそろギンリョウソウが出ているはずだと探すと、ちょっと上に1輪だけ咲き始めていました。
 まだ、完全には開花してなくて、水色のめしべだけが見えていて、黄色いおしべはまだ見えていません。
 他の場所もばらつきはありますが、顔を出してきています。

 そして、ナンゴクホウチャクソウも咲き始めました。
 ユリの仲間です。

ナンゴクホウチャクソウ

ギンリョウソウが咲き始めました

キノコ2つ

 昨日、Facebook上で奄美市の山中でギンリョウソウが咲いてますよと写真付きポストを見かけたので、今日の金作原原生林でも探してみると、ありました!
 いつもの場所に咲き始めてますが、ちょっと遠くて写真は無理。
 かわりではありませんが、ちょっと変わったキノコの写真。右側は虫かなにかにかじられたのでしょうか。

金作原における利用ルールの運用開始

 鹿児島県から先日お知らせがあり、今月末より金作原原生林の新しい利用ルールが始まることになりました。
 詳しくはリンク先をご覧ください。

ホウオウゴケ(?)とシロハダヤスデ(?)

ホウオウゴケの仲間
ホウオウゴケの仲間

昨日は一気に上がって、森の中も20度近くありましたが、今日の午前中も19度でした。
 森のあちこちに新芽が目立ち、シマウリカエデの花も咲き始めています。
 オキナワウラジロガシの谷の岩を見ると、ホウオウゴケの仲間のようなコケが昨日までの雨に濡れてきれいでした。
 ヤクシマホウホウゴケか?とも思ったのですが、ご案内中にじっくり見る余裕がなく、また葉っぱをちぎって持ち帰るわけもいかず。ということでタイトルのコケの名前に?が付きました。・・・今度はデジタル顕微鏡で撮影してみましょう。

 デジタル顕微鏡といえば、昨年の秋ごろから散策路に白いゾウリムシのような、でもヤスデのような1cmほどの虫に気づきました。
 GoPro7で撮影したのですが、見事にピンボケ。大きさはわかってもらえるかと思います。Facebookで詳しいグループに投稿してみたところ、シロハダヤスデの仲間ではないかとのこと。それでタイトルのヤスデの名前に?が付きました。

今日はデジタル顕微鏡で撮影してみました。

カタハマキゴケ

 奄美市の名瀬運動公園で団体さんとの待ち合わせ中、駐車場脇の石の上に生えていたコケです。
 図鑑で調べてハマキゴケと思ったのですが、専門家の方から、南方ではカタハマキゴケがほとんどで、ハマキゴケの記録は無い、ということでした。
 葉の先に鋸葉があるのがハマキゴケらしいですが、デジタル顕微鏡で拡大してみると、そういうのはないようです。

デジタル顕微鏡で拡大

ツチノウエノコゴケ(?)

 奄美市の名瀬運動公園で団体さんとの待ち合わせ中、駐車場脇の石の上に生えていたコケです。
 調べてみたのですが、わかりません。専門家の方からは判断は難しいとのことですが、図鑑で見る限り一番近いようなので、ツチノウエノコゴケとしました。

デジタル顕微鏡で拡大

コツボゴケ

コツボゴケ

金作原原生林、散策路脇の倒木の上に生えているコツボゴケ。(写真はスマホで撮影)

雌株の胞子体

2枚目はニョキニョキと出ている胞子体。雌株に出るそうです。
電子顕微鏡で拡大しました。

(間違っていたら、ご指摘下さい。全体というか本体を拡大して撮影すべきでした。後日、追加します。)

コケ

 新しいカメラを入手しました。これを使って、これからはコケも掲載していく予定です。コケについては金作原原生林に限りません。(場所はなるべき記述します。

Wi-Fiでスマホに映し出している電子顕微鏡

 USB接続電子顕微鏡ですが、Wi-Fiによってスマホやタブレットにも接続できるものです。
 LEDもついているので、写真のように小さな葉っぱがスマホの画面に表示され、撮影できます。動画の撮影も可能。倍率は50倍から1000倍までとなっています。