期間限定!ヒカゲヘゴの断面

ヒカゲヘゴの断面
ヒカゲヘゴの断面

10月の台風24・25号の影響で強風と潮にひっぱたかれた森ですが、ぐんぐんと新芽が出てきてます。逞しいですね。自然は。

そんな中、恐らくあと1・2か月で見れなくなると思いますが、倒れたヒカゲヘゴの断面を見ることができます。

表面の皮の下、周囲の黒っぽい部分はパイプ状になっていて、皮の表面を覆う毛根とこのバイプ状の組織は黒くてかなり長い期間残ってます。

しかし、中の白っぽい部分はスポンジのように柔らかく、すぐに分解されて無くなってしまいますので、見たり触ることができるのはここ1・2か月でしょうか。

クサギの花のような実

ゴンズイの実
クサギの実

台風24号で車両が通行できなくなっていた、従来ご案内するコースのスタート地点までの奄美中央林道ですが、奄美市から委託を受けた造園業者による今日までの作業で通行できるようになりました。

とりあえず、今日の午後のご案内は作業の邪魔にならないように、知名瀬林道が奄美中央林道に合流する地点から歩いて入りましたが、重機などを使ってきれいに倒木を除去してくれています。

しかしながら、従来ご案内するコアゾーンの散策路は台風25号でさらに木々が倒れています。幸い、歩いてのご案内はできる状況ですので、明日から従来のコースをご案内する予定です。

写真は知名瀬林道からの合流地点から歩いた中央林道沿いにあったクサギの実。まるで花のようです。

(2018/10/9 修正:ゴンズイと思いこんでいたら、クサギでした。屋久島のガイドさんに指摘されてしまいました。お詫びして、修正いたします。)

台風25号

倒木
倒木

台風24号に続いて、25号がやってきましたが、今回はかなり離れていたので影響は少なかったです。

しかし、24号で叩かれ、潮をかぶって葉っぱが塩焼けして疲れているところに台風の風です。今日は大丈夫だろうと、午前中からツアーが入っていましたが、一足先にチェックに入ってきました。

やはり、傷んだ枝葉が道に落ちていましたが、おおきな崩落や倒木はありませんでした。それでも1か所だけは御覧のように倒木が道をふさいでいました。

左側を車1台が通れるように切ったのですが、道のど真ん中にはアスファルトに突き刺さった幹。これは切れませんでした。

崩落した斜面
崩落した斜面

24号で大きく崩れて、倒木が道をふさいでいたところを反対側から撮影しました。

倒木というか、斜面にへばりついていた木々がそのまま剥がれ落ちた、というかんじでしょうか。

ある意味、奄美の森の木々の逞しさがわかる風景でもあります。

台風24号の爪痕

林道に倒木
林道に倒木

久々に強烈な台風でした、24号。土曜日の夕方から吹き荒れた風雨は、夜中に一度、台風の目の中に入ったので収まったのですが、明け方には強烈な吹き返しの風。

自宅はテレビのアンテナがなぎ倒されてしまい、洗濯物干し場の屋根の一部壊れてしまいました。

お天気も回復したので、今日の10時にスタッフ4名で金作原原生林のチェック&整備へ出かけました。

続きを読む 台風24号の爪痕

ヒメハブ

ヒメハブ
ヒメハブ

散策路が川を越えるところ、下をのぞき込んでみると、ヒメハブがいました。

通常よりも倍ほどの大きさでしょうか。

かなり離れた場所ですし、ヒメハブは攻撃性が低いので危険はないのですが、注意は必要です。

写真上の緑のものはヒメハブの卵、ではありません。シマサルナシの実。キウィの原種の仲間です。

季節外れのイジュの花

イジュの花
イジュの花

9月に入り、森もかなり涼しくなってきています。

ハシカンボクが咲き、オオシマゼミも鳴き始めてます。

ところが、今朝の林道の上にイジュの花が落ちてました。5月の始めに梅雨の始まりを告げる花です。

台風19号の被害はほとんどありません、が。

メインのヒカゲヘゴと倒木
メインのヒカゲヘゴと倒木

かなりの風雨をもたらした台風19号。昨夜通過したので、お昼過ぎに早速、金作原原生林へ林道と現地チェックへ行ってきました。

すでに奄美市が入ってくれていて、知名瀬の農道沿いではモクマオウがあちこちで叩き折られていましたが、最低限の撤去が行われていました。林道も崖崩れなどはまったく無く、小さな石が転がっていたり、折れた枝などが散乱していましたが、手作業で撤去してきました。ツアーは催行可能ですので、明日より再開します。

しかし、これまで見たことが無いような場所から水が流れ出していましたので、まだどこで倒木や崩落があるかわかりません。松くい虫で枯れた松も所々で倒れていました。

散策路はほとんどダメージはなかったのですが、メインのヒカゲヘゴのそばでは写真のように林道に倒木が横たわっていました。徒歩での通行は可能です。

今日(8/3)11:30の森、気温28.4度に湿度87%

シマサルスベリの花
シマサルスベリの花

いつもはシマサルベリの大きな木に花が咲いても見えず、小さな花びらが散っているのですが、珍しく花の形で落ちていたので一緒に撮影してみました。