イイギリの新芽

イイギリの新絵
イイギリの新絵

奄美の森を主に構成している常緑照葉樹、シイ等は新緑のピークを過ぎてきて、濃い緑色に変化していってますが、落葉湯はこれから新芽を出してくるものもいます。

ハゼノキの新芽もきれいですが、写真のイイギリの新芽もいい感じ。

名前の由来、”飯桐”というようにおにぎりを包めるぐらい大きな桐の葉っぱのようですが、新芽は御覧のように可愛い形をしています。

森の奥でもオオシマウツギが開花

オオシマウツギ
オオシマウツギ

日当たりのいい林道沿いではたくさん咲いているのですが、散策路の大川の源流にあたる深い森のオオシマウツギはようやく開花です。

この場所にはカゴメランが道端にさくさんあるのですが、残念ながらイノシシが餌を探すために掘り返してしまい、一部が一緒に掘り起こされてしまっています。

森の中のアマシバも咲いてます

アマシバの花
アマシバの花

日当たりのいい林道では既に咲いていましたが、金作原原生林の森の中、散策路でもアマシバの花が咲き始めました。

枝の上に白い雪が積もっているようにも見えます。白い小さな花がびっしりと咲いています。

同じく、森の中は遅れていたオオシマウツギの花も咲き始めています。

林道沿いのギンリョウソウが咲き始めました

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

先月末にご紹介した林道沿いのギンリョウソウのつぼみ、ようやく咲き始めました。

周辺を見ると、以前よりかなり広範囲に広がっています。

エゴノキの花びらは何枚?

エゴノキの花
エゴノキの花

追記:4/8/6/5枚の花の写真、7/4枚の花の写真を文末に追加しました。

1月末ごろから道路に白い花が落ちているのが目立ちます。エゴノキの花です。花が落ちているところを見上げると、迷彩模様の幹の上、冬場に一度落葉した後に出てきた柔らかな新芽の下に、下を向いてたくさんの花が咲いています。

落ちた花をよく見ると、雄しべが雌しべを包み込むようにすぼみ、花びらはきれいなまま、受粉が終わると雌しべがスポッと抜けるように花が落ちています。

このエゴノキは奄美大島だけではなく、お客さんからも関東では5月に花が咲くよと教えていただいたことがあり、あらためて図鑑「琉球の樹木」を見ると北海道から沖縄まで分布している木とあります。

エゴノキの花(4枚/8枚/6枚/5枚)
エゴノキの花(手前;4枚/8枚/6枚、奥:5枚/5枚/6枚)

そして、図鑑には花は5弁とあるのですが、毎年、このエゴノキの花のシーズンに楽しみなのが花びら(花弁)の数が違う花を探すこと。写真では5枚と6枚のものを拾って撮影しましたが、これまで確認したのは最小で4枚、最大で8枚。それも2の倍数というわけではなく、4/5/6/7/8とバリエーションがあります。しかも、1本の木に花びらの数が違う花が咲いているのです。

エゴノキの花、7/4枚
エゴノキの花、7/4枚

奄美大島でしかエゴノキの花を見たことがないのですが、他の地域ではどうなんでしょうか。是非、お近くにエゴノキがあれば花が咲いたときに花びらの数を確認してみて下さい。

ギンリョウソウのつぼみ

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

散策路沿いで見ることができるギンリョウソウの群落が今年は小さいかなと思っていたら、去年から少し離れた場所に元気に出てきてくれています。

そして、散策路まで車で通る林道沿いにも大きな群落があり、昨年咲いた後はマングースのトラップが仕掛けられていたので、今年は無理かなと思っていたら、元気なつぼみが土の中から顔をのぞかせていました。

また、定点観測します。

原生林への道へは新しく看板やゲートなどが設置されてます。

森は新緑

新緑の森
新緑の森

お天気が不安定で、なかなか気温も上がってきていませんが、森はどんどん新緑で明るくなってきています。

写真は金作原原生林へ向かう林道から見上げた新緑の森です。

今年はギンリョウソウは少ないのかなと心配していましたが、昨年通りの群落も出来始めています。

ナンゴクホウチャクソウ

ナンゴクホウチャクソウ
ナンゴクホウチャクソウ

そろそろだよね、と思っていたら散策路の入り口にすでに咲いていました。

ナンゴクホウチャクソウ、ユリの仲間です。

ギンリョウソウの季節でもあるのですが、残念ながら今年はあまり咲かないようです。

シマイズセンリョウ

シマイズセンリョウ
シマイズセンリョウ

7日に奄美群島が国立公園となりました。環境省の国立公園のページ奄美野生生物保護センターのサイトには詳細がまだ掲載されていませんので、後日ご紹介したいと思います。

国立公園の保護区としての一環でしょうが、先日ゲート建設のために杭が打ち込まれていた場所にはゲートの柱が、その手前には車止めの柵が設置されました。これで車両は物理的に通行はできなくなりました。こちらも完成後にご紹介したいと思います。

散策路では写真のシマイズセンリョウが咲いていました。また、ギンリョウソウがつぼみを土中から出てきていますが、例年に比べるとちょっと小振りなのが気になります。