これもケナガネズミの毛かな?

ケナガネズミの毛?
ケナガネズミの毛?

 先日、散策路に落ちていたアマミノクロウサギの毛と思ったものはケナガネズミの幼獣の毛と判明しましたが、昨日の朝、昨夜からの雨に濡れている動物の毛を見つけました。
 おそらく先々日ぐらいから落ちていたらしく、状態をみてみると、かなり皮膚ごと剥がされたようで、肉片にはすでにウジが発生していましたので、1日以上は経過しているようです。(先日のケナガネズミの毛も発見した日の夜に雨が降り、翌日回収して、袋に入れて、1日過ぎた、つまり発見して3日目にはウジが発生していますので、同じぐらいの時間が経過しているのでしょう。)
 前回、奄美野生生物保護センターに報告したところ、回収して届けて下さいということでしたので、回収。持ち帰って冷凍庫の保存して、GW後に届けようと思っていたのですが、ちょうど現場にはGWの利用状況調査のために奄美野生保護センターの方がいらしたので、お渡ししました。
 濡れていたので、わかりずらく、こんどこそアマミノクロウサギの毛か?と思ったのですが、改めて写真をよく見ると白い長い毛が混じっていて、前回の毛と同様にも見えます。
 さて、どうなんでしょうか。

ケナガネズミの毛

ケナガネズミ、幼獣の毛

(4/25、追記)
 野生生物保護センターより、ケナガネズミの幼獣の毛という連絡がきました。
 毛だけというのは残念ですが、ケナガネズミの生息が確認されたということでは喜ばしいことだと思います。
(4/11、追記)
 先日の投稿で、”アマミノクロウサギの毛?”と書いたのですが、奄美野生生物保護センターに問い合わせたところ、ケナガネズミの幼獣の毛ではないかとのことでした。
 今日は湯湾岳へのご案内があったので、センターに立ち寄り、展示しているケナガネズミの幼獣の剥製を見ると、どうやらそのようです。

林道に落ちていた動物の毛

(4/9に投稿した記事です。)
 午後から金作原原生林をご案内中、林道上になにやら毛の塊が落ちていました。
 実は金作原原生林の林道上ではアマミノクロウサギの糞塊がまったく見当たらず、まだ戻ってきていないと思っていたのです。
 この毛の塊には、ノネコにでも襲われたのか一部皮膚らしき組織がついていました。
 しかし、周囲に動物の姿も血痕もありません。
 戻って写真をよく見ると、ケナガネズミかトゲネズミの毛のようにも見えますが、今年頭に林道で見つけて、マングースバスターズの方に訊ねたところ、アマミノクロウサギの毛でしょうと言われたものによく似ていますので、アマミノクロウサギと思うのですが。
 アマミノクロウサギが生息してる!と喜んでいいのか、ここでもノネコ等に襲われている、と悲しんでいいのか、複雑なところです。