木漏れ日にリュウキュウハグロトンボ

リュウキュウハグロトンボ
リュウキュウハグロトンボ

森の中はほとんど木陰となっていて、市内よりも涼しくて風が吹くとさらに気持ちいいです。さらに今日は現地に到着する頃に少し小雨が降ったので涼しくなったからでしょうか、午後2時過ぎなのにリュウキュウアカショウビンの声が響き渡っていました。

しかし、青空と日差しが戻ってくると徐々に気温が上がり、ヒメハルゼミが鳴き始め、そしてさらに気温が高いところはリュウキュウアブラゼミと、わずかな気温の差でしょうが、鳴くセミの種類が違ってきます。ヒグラシは鳴いていませんでしたが。

散策路に差し込んだ木漏れ日にリュウキュウハグロトンボのオス。ピントは甘いですが、偶然にも開いた瞬間をつかまえました。いつもは羽を閉じていて、ときたま羽を広げるのですが、瞬間なのです。

オオジョロウグモ

オオジョロウグモ
オオジョロウグモ

冬場の産卵に向けて、森の中にはたくさんの蜘蛛の巣。

その中でひときわ大きいクモがジョロウグモ。その中でもさらに大きいのがこのオオジョロウグモです。写真の状態で大人の手のひらぐらいでしょうか。

背中に黄色い筋が2本あるので、多分、オオジョロウグモだと思います。(間違ってるかも)

(写真はトリミング、レベル補正しています。)

涼しそう?ザトウムシ

ザトウムシ
ザトウムシ

台風1号の雨の後、連日、いいお天気が続いていて、毎日34度前後です。

今日も気象庁のサイトによると13:30に最高気温が34.6度。今年の最高かもしれません。でも、35度を超える猛暑日は気象庁のデータを見ると2011年に1日あったきり。

午前中の森の中も青空と強い日差しが森を照らしていましたが、風が気持ちよかったです。

木漏れ日がスポットライトのように葉っぱの上のザトウムシに当たっていました。8本の脚のように見えるうち2本は触覚。こんなお天気だと、この形状の体が涼しげに見えます。

シダの上にイジュの花

ヒリュウシダの上にイジュの花
ヒリュウシダの上にイジュの花

森の奥はイジュの花が満開で、散策路や林床にはたくさんの花が落ちています。

今朝早くから雨が降ったため、午前中の森には落ちたばかりのきれいな状態の花がたくさんありました。

その中にはヒリュウシダの上にきれいに落ちたものも。まるでシダの葉に咲いているようです。

最近、森でやっかいものがアブ。例年より多いようです。噛まれることはほぼないのですが、とにかくうるさくてしつこい。虫よけはあまり関係なく、黒い色を好んで止まるようです。黒っぽい服やバッグは避け、黒髪の方も帽子などで隠したほうがいいでしょう。止まったところはタオルなどで叩き落すといいので、タオルを1本持ってくるといいと思います。

梅雨明けの森はセミの大合唱

ヒグラシ
ヒグラシ

奄美大島探検図」の編集作業優先のため、1週間ぶりの森となりました。

奄美地方は昨日、梅雨明けとなり、森の中はセミが大合唱。セミの鳴き声がシャワーのように降り注いできます。

ところが、散策路を折り返したあたりで少し気温が下がったかと思うと、ヒグラシの鳴き声が混ざりだし、メインスポットに戻るころにはヒグラシの鳴き声だけ。

そして1匹が飛んできて目の前にとまってくれました。梅雨の期間にもヒグラシが鳴いていました。一般には夏の終わりのセミですよね。不思議な感じです。

ツワブキの花にアサギマダラ

ツワブキの花
ツワブキの花

11月に入った途端、冬を代表する草花、ツワブキの黄色い花がマングローブの周辺で見かけるようになりました。

金作原原生林への林道沿いでもつぼみが目立つようになり、今日は満開の株もありました。

ちょうどアサギマダラが蜜を吸っていたのですが、わかりますか?

サザンカ

サザンカ
サザンカ

10月半ば頃から林道の日当たりのいい場所ではヤマヒヨドリバナの白い花が咲いていてアサギマダラが海を越えて渡ってきています。

先日もマーキングされている個体を調べたところ、兵庫県篠山から31日かけて920km飛んで来たことがわかりました。

道の状態が悪いのでお勧めはできませんが、奄美中央林道を里集落から合流して知名瀬集落からの道との間の尾根道は日当たりがいい場所にヤマヒヨドリバナの群落が数箇所あり、アサギマダラが乱舞しているのです。

今朝も金作原へ向かう時に里集落から上がって尾根道を金作原へと進みました。

ふと道端を見上げると白い花。サザンカの咲く季節になっていました。

リュウキュウハグロトンボ

今朝の金作原原生林で出会ったリュウキュウハグロトンボです。

その他の写真はFacebookページでどうぞ。