台風19号の被害はほとんどありません、が。

メインのヒカゲヘゴと倒木
メインのヒカゲヘゴと倒木

かなりの風雨をもたらした台風19号。昨夜通過したので、お昼過ぎに早速、金作原原生林へ林道と現地チェックへ行ってきました。

すでに奄美市が入ってくれていて、知名瀬の農道沿いではモクマオウがあちこちで叩き折られていましたが、最低限の撤去が行われていました。林道も崖崩れなどはまったく無く、小さな石が転がっていたり、折れた枝などが散乱していましたが、手作業で撤去してきました。ツアーは催行可能ですので、明日より再開します。

しかし、これまで見たことが無いような場所から水が流れ出していましたので、まだどこで倒木や崩落があるかわかりません。松くい虫で枯れた松も所々で倒れていました。

散策路はほとんどダメージはなかったのですが、メインのヒカゲヘゴのそばでは写真のように林道に倒木が横たわっていました。徒歩での通行は可能です。

台風7号の影響はほとんど無かったのです、が・・・

メインのヒカゲヘゴ

この時期に珍しい台風7号は7月2日に予報よりも奄美大島の西の海上を通過してくれました。

場所によってはかなりの風雨となりましたが、3日の午前中、現地へ行ってみると、場所によっては風によってヒカゲヘゴの葉がちぎれて落ちていましたが、全体的にはダメージは少なく、メインの場所も御覧のような感じです。

しかし、未舗装の中央林道はさらに荒れています。

一息ついていたところへ、また8号が発生。沖縄の南を横切って大陸方向に行くようですが、沖縄本島に接近するときにはかなり大型の強烈な勢力となりそうです。

涼しいGWでした

クワズイモの葉陰から
クワズイモの葉陰から

明日でGWも終わり。今日も森の中は涼しくて、午前・午後ともに湿度は50%前後で気温も20度前後。

本来は秋に咲くはずの花が咲いてしまってますが、アブが姿を見せはじめてます。ブヨもそろそろ?虫よけは必須となってきますよ。

抱卵していたズアカアオバトは無事にふ化したようで、ヒナの姿も確認できました。

写真はメインのヒカゲヘゴの下、林道の端近くに生えているクワズイモの葉陰からの写真です。林道を踏み外すことなく撮影できます。スマホのカメラをHDRモードにして撮影しました。上記リンクを読んで使いこなせるようにしておくと、奄美に来てからの撮影に便利ですよ。

明日(16日)から金作原利用適正化実証実験

ヒカゲヘゴ
ヒカゲヘゴ

今日は久々の快晴。きれいな青空が広がっていて、気温も20度近く。気持ちのいい風が吹いていました。

さて、先日、こちらのブログ記事でもご案内しましたが、明日(16日)から22日までの期間、金作原利用適正化実証実験として、金作原原生林へは自家用車、レンタカー、タクシーなどの乗り入れを自粛していただき、認定ガイド同行のツアーの利用をお願いします。

林道が崩れてます

がけ崩れ
がけ崩れ

午前中の金作原ツアーへ出発する前に知り合いのガイドから”知名瀬からの林道が崩落、倒木もあるよ”との連絡があり、午前中のツアーを急遽中止して、状態チェックへ行ってきました。

幸い、道を塞ぐほどではなかったのですが、とりあえず、散策開始場所までをチェック。すると、なんとこの状態の林道を通って中型バスが入ってました。

午後からは通常通りツアーを催行。林道を登っていくと、下ってくる市役所の車が2台。林道の状態チェックに来てたようです。

 

今年は切られずにすんだ?ルリミノキ

ルリミノキ
ルリミノキ

昨年春に国立公園となることに伴い、金作原原生林のエリアを通る林道の両側に鍵付きゲートが設置されました。ゲートだけは紹介していませんでしたが、こちらの記事に写真を掲載しています。

実は昨年の今頃までは、毎年、散策路脇にある割と大きめのルリミノキが、年末に瑠璃色の実を付け始めたと思っていると、実がきれいについていた枝ごと何者かに切って、持ち去られていました。正月飾りにでもしていたのでしょう。

しかし、今シーズンからは(ちょっと見づらいかもしれませんが)、まったく枝が切られた形跡がありません。

実は内容は書けませんが、他にもゲート設置のために、車両が自由に通行できなくなったからかな?といういい傾向もあります。

寒くなってきました

森の中から
森の中から

森もすっかり寒く、といっても、今日は15度。

寒くではなくて、涼しくですね。

森は少し黄葉が目立つかな・・・、かといって、写真ではっきりわかるほどの変化も無し。

ということで、好きな構図。クワズイモの葉陰からの森です。

ナギの幼木

ナギ
ナギ

今日の午前中は4歳と5歳のお子さんを連れたご家族1組をご案内しました。

まだまだ、お子さん2名はご両親にかまって欲しいようで、特に下のお子さんはお母さんかお父さんにべったり。奄美の自然の説明をするのですが、お子さんたちはご両親が説明に聞き入ると、気に入らないご様子。

まぁ、仕方ないですね。ということで、最低限のお話を最初に行って、あとはお子さんの様子をみながら。

おかげで道端をじっくりと見て歩けました。

路肩にはナギの幼木。厚みのある、艶やかな葉がきれいです。広葉樹のような形の葉ですが、イヌマキの仲間でマキ科。

クワズイモとヒカゲヘゴ

クワズイモとヒカゲヘゴ
クワズイモとヒカゲヘゴ

メインのヒカゲヘゴの下にあるクワズイモがかなり大きくなってきました。

リュウキュウイノシシが餌となるミミズを探しているのか、道端が掘り返すために、クワズイモもひっくり返されてしまっていました。

道端にはスダジイの実がたくさん落ちていますから、イノシシたちも美味しくたべてるんじゃないでしょうか。クワズイモも一安心かな。

キノコ3兄弟

シロオニタケ
シロオニタケ

以前もシロオニタケが1つ生えていた場所に、シロオニタケが3つ、まるでキノコ3兄弟です。

先日からデジタルの温度・湿度計を携帯(バッグにぶら下げているので、地上1mぐらいの高さ)しているのですが、今日は見てみると気温は26.5℃ですが、湿度が99%。風が止まるとジワッと汗がでてきます。