根からヌルデの幼木

ヌルデの苗木
ヌルデの苗木

オキナワウラジロガシの巨木に降りていく階段脇に小さなヌルデ(ハゼノキの仲間)の幼木があります。

あまり気にしていなかったのですが、よくみると根本は土の中ではなくて、むき出しになった根から生えてきています。

その根をたどると、階段の反対側(この写真には映っていませんが)人の腕の太さぐらいのヌルデが生えていて、そこから階段を渡るように根っこが伸び、その途中から出て来ています。

おそらく、この階段を作る時に薄くかかっていた土砂が除去されて、むき出しになったのでしょう。傷でもついて、それが原因なのかもわかりませんが、これまた逞しいです。

斜面に踏みとどまって再起!

再起!
再起!

写真真中が元の生えていた場所。

しかし斜面の左下に一度倒れてしまったようで、右側の根っこがなんとか踏ん張っています。

そして一度斜面にくっついた所から根を出して、再起!

たくましい・・・

枯れてると思ったスダジイが再生中

スダジイ再生中
スダジイ再生中

知名瀬から金作原原生林へ向かう林道は3年前の10月にあった水害で大きく崩れ、復旧には半年かかりました。

その崩れた斜面には倒れたスダジイの大きな株がそのままで、この2年で黒ずんでいてすっかり枯れたものと思ってました。

ところが数日前に通りがかった時に何やら萌黄色のものが幹にあるのに気づきました。コケかなにかなと思っていたのですが、よく見ると、なんと再生して新芽が吹いています。

アップしてみたのがこちらです。

スダジイ再生中(アップ)
スダジイ再生中(アップ)

(クリックすると拡大表示します)
単に新芽というより、新しい苗木がたくさん出ているようにも見えます。

写真には入っていませんが、左上には根本がごっそりと斜面から剥がれた状態のままでした。叩き折られたわけではないので、まだ生きていたんですね。

一昨年・昨年と確かこんな新芽というか苗木は確認していませんから、2年余り眠っていて、ようやく再生したということでしょう。

強い!

どっちが根?

どっちが根?
どっちが根?

これまた不思議な生え方をしている木です。

ほぼ同じ太さの幹なのか根なのかわからない部分の途中から幹が伸びています。

近くで見てもわかりません。

どうやったらこんな形になるんでしょうか。不思議。

 

どこまでが根で、どこから幹なんだか

どこまでが根?
どこまでが根?

写真右奥に倒れた幹らしいものから新しい幹がまっすぐ伸びています。

問題はその手前、倒れた幹らしいものが手前で大きく2つに別れています。

さて、これは幹なんでしょうか、根なんでしょうか。

途中から新しい幹が出てないということは根?

いや、根からも新しい幹が出ることがあるし。

何故、あの倒れた幹の先端からだけ新しい幹が出てるんでしょう。

どうしてこんな形になったんでしょうね。不思議。

 

根っこを浮かせながらも踏ん張る

根っこで踏ん張ってる
根っこで踏ん張ってる

散策路で見つけた”どうやってこんな風になったんだろう”という植物達をカテゴリ「ガンバッテます!」として掲載していきます。

第一弾は根っこで踏ん張る木。

右のほうに元の幹は倒れていますが、倒れる時に根っこがなんとか浮きながらも踏ん張って倒れこまずにすんでます。

その倒れこまなかった幹からは根本から新しい幹、倒れこんだ幹の先端のほう(写真右奥)からも新しい幹が育ってます。

逞しい!