トクサラン開花

トクサラン
トクサラン

12月から1月に咲くトクサランが咲き始めました。

と、言っても1つだけですが。

黄色い小さな可愛い花です。

この近辺にはたくさんの株が蕾をつけているので、やがて賑やかになるでしょう。

サクラツツジ

サクラツツジ
サクラツツジ

今年は12月に入った途端に奄美も例年より寒いようです。

特にここ数日は最低気温が10度ほど、昨日・今日と最高気温も14度から13度ぐらいまでしかあがらず、冷たい雨が断続的に降り続いています。

今日は昨日ほどの強風ではありませんでしたが、やはり寒い。

昨日はてがかじかんでピントあわせもシャッターを押すこともできませんでしたが、寒い雨の中、頑張って咲いているサクラツツジをようやく撮影できました。

まわりの株はまだつぼみが堅いのですが、この株は蕾が膨らんできていて、1つだけ先に咲いていました。

 

クリスマスの飾付がされた知名瀬の教会

知名瀬の教会
知名瀬の教会

金作原原生林からの帰り道に通ることが多いのですが、知名瀬集落のカトリック教会です。

奄美大島、特に北部は小さな集落であってもこういった可愛い小さな教会があって、今の季節はそれぞれクリスマスの飾り付けが行われています。

ここ知名瀬教会はちょっとわかりにくいかもしれませんが、教会の前の花壇の小さな箱に飾り付けです。

 

瑠璃実の木

ルリミノキ
ルリミノキ

なんと、ほぼ1ヶ月ぶりに金作原原生林に行ってきました。(正確には2日前に一度、車椅子の方を1時間ほどご案内していますが)。

その時も道端であちこちに目立っていたのが写真のルリミノキの実です。名前の通り、鮮やかな瑠璃色の実が実っています。
他にも1年中新芽を出しているクワズイモの新芽がきれいでしたので、いつもの構図ではありますがFacebookページに掲載していますので、ご覧下さい。

サクラツツジが満開、ギンリョウソウももうすぐ

サクラツツジ
サクラツツジ

今朝は団体さんのご案内、中型バスで金作原原生林へ行きました。

散策路から戻ってくるとバスの運転手さんが”サクラツツジが満開だよ”と教えてくれました。場所は散策路ではなくて、散策路のスタート地点から宇検村方向へ奄美中央林道を少し進んだところ。

個体差が大きい植物で散策路では早いものでは12月末に咲くのですが、この個体は今が満開でした。

散策路でも少し咲いてます。

また、ギンリョウソウが土の中から蕾をのぞかせてきています。

どんな感じの植物かは、蕾から開花まで、過去の資料をご覧下さい。

 

花のようなタブノキの新芽

タブノキの新芽
タブノキの新芽

3日連続で金作原原生林へガイドに行ってきました。

昨日と同じく冷え込んでいましたが、今日は風があまりなく昨日ほどは寒くありませんでした。

冷気の当たる森の中も春が近づいています。

写真はタブノキの新芽。まるでピンクの花が開いているようです。

木々の新芽は明るい黄緑色だけではなくて、このような赤というかピンク色のものも多く見受けられます。

新芽の蕾
新芽の蕾

新芽が開く直前はまさに蕾のような感じで、先っぽの色が鮮やかです。

金作原原生林のFacebookページには、今日の散策途中で撮影したオオタニワタリの写真も数点アップしました。ご覧下さい。

サクラツツジ

サクラツツジ昨日は南風が強く当たって揺れていたので撮影できなかったサクラツツジです。

サクラツツジは個体差が大きく、花の色も限りなく白に近いものから、青が強いものまであったり、満開になる時期も違って、遅い場合は3月頃に咲くものもあります。

オキナワウラジロガシの大木の近くのこの株は毎年早く咲きます。

サクラツツジ

トクサランとサクラツツジ開花

トクサラン冬のラン、トクサランが満開になってました。

既に咲き終わった株もちらほらあったのですが、この株はちょうど満開。

その他の写真はFacebookページにアップしてあります。

オキナワウラジロガシ手前のサクラツツジ、毎年開花の早い株がありますが、咲き始めていました。

残念ながら季節外れの強い南風にあおられて写真は撮影できませんでしたが。