クワズイモの蕾と花と新芽

クワズイモの蕾と花と新芽
クワズイモの蕾と花と新芽

1月に「緑のステンドグラス」とご紹介した、メインポイントのヒカゲヘゴの下にあるクワズイモ、その後、無残にも葉が切られてしまいました。(上記記事のトラックバックにリンクされた記事参照)

それから、4ヶ月、ようやく新芽が伸びてきて開いてくれました。

その下にはちょうど花が咲いて(画像の下、真ん中よりちょっと右のとんがった形)いて、その左には角のように蕾もあります。

森は梅雨の湿った空気に包まれていました。

(閲覧注意)シマグワを食べる虫

食べられるシマグワの葉
食べられるシマグワの葉

先日、ビニールのような桑の葉という記事で緑の部分が食べ尽くされたシマグワの葉をご紹介しましたが、一昨日、ちょうど葉を食べられているところを見つけました。

ちょっと気持ちのいいものではありませんので画像を小さめにしています。クリックすると拡大表示されますが、閲覧はご注意下さい。

チョウかガの幼虫でしょうが、何の幼虫でしょうね。一匹なら近づいて見るのですが、こう集団でいるとね・・・・

踊っているよう。キンギンソウ。

キンギンソウ
キンギンソウ

地味ですが、屋久島・種子島以南に分布するランの仲間です。

通常はスラッとまっすぐ立って花を咲かせているのですが、この株は以前から根が浮いて大丈夫かなと思っていました。

先日、ふと見ると花が咲いてはいますが、クネクネと曲がって、まるで踊っているよう。酔っ払っているようにも見えます。

根が浮いているので風に左右に煽られてできた形なんでしょうか。