サクラツツジ

サクラツツジ
サクラツツジ

今年は12月に入った途端に奄美も例年より寒いようです。

特にここ数日は最低気温が10度ほど、昨日・今日と最高気温も14度から13度ぐらいまでしかあがらず、冷たい雨が断続的に降り続いています。

今日は昨日ほどの強風ではありませんでしたが、やはり寒い。

昨日はてがかじかんでピントあわせもシャッターを押すこともできませんでしたが、寒い雨の中、頑張って咲いているサクラツツジをようやく撮影できました。

まわりの株はまだつぼみが堅いのですが、この株は蕾が膨らんできていて、1つだけ先に咲いていました。

 

クリスマスの飾付がされた知名瀬の教会

知名瀬の教会
知名瀬の教会

金作原原生林からの帰り道に通ることが多いのですが、知名瀬集落のカトリック教会です。

奄美大島、特に北部は小さな集落であってもこういった可愛い小さな教会があって、今の季節はそれぞれクリスマスの飾り付けが行われています。

ここ知名瀬教会はちょっとわかりにくいかもしれませんが、教会の前の花壇の小さな箱に飾り付けです。

 

瑠璃実の木

ルリミノキ
ルリミノキ

なんと、ほぼ1ヶ月ぶりに金作原原生林に行ってきました。(正確には2日前に一度、車椅子の方を1時間ほどご案内していますが)。

その時も道端であちこちに目立っていたのが写真のルリミノキの実です。名前の通り、鮮やかな瑠璃色の実が実っています。
他にも1年中新芽を出しているクワズイモの新芽がきれいでしたので、いつもの構図ではありますがFacebookページに掲載していますので、ご覧下さい。