旧正月は青空

黄葉
黄葉

穏やかな快晴の旧正月となりました。

木陰はひんやりしますが、お日様が当たると暖かく、街中を車で走ると窓を開けないと暑いぐらいです。

森の中から見上げると濃い緑葉の中にシマウリカエデの鮮やかな黄葉、背景には青空。

 

シマイズセンリョウの実

シマイズセンリョウの実
シマイズセンリョウの実

寒い日が続いていますが、気温が低いのは明日の朝までで、その後は暖かくなりそうです。

今朝の森も風も無く、お日様が当たると暖かくなってきました。久々にヒカゲヘゴの下から青空を見ることもできました。

道端の木の枝に白い実。シマイズセンリョウの実です。

サイハイデイゴ

サイハイデイゴ
サイハイデイゴ

昨年末に、今年の春には国立公園になると報道がありましたが、昨日の夕方には世界自然遺産へ正式に推薦が決定し、早ければ来年夏には世界自然遺産か?という報道がありました。ブログ記事でご紹介しています。

そんな動きとは関係なく、今日はビュンビュンと台風のような冷たい北風が吹き付けていて、午後からの森の中も寒かったです。こちらはお一人ご案内、他にはタクシーとツアーの方が合計5名ほど。

この静かな森も国立公園になり、金作原原生林もコアゾーンとなるはずで、世界自然遺産となると賑やかになるのでしょうか。

原生林へと向かう途中、里集落の農道沿いにはいつものようにサイハイデイゴが鮮やかな赤い花を咲かせていました。

アマミテンナンショウ、雌株と雄株の花

アマミテンナンショウ
アマミテンナンショウ

明け方、ものすごい風雨の音で目が覚めました。午前中の金作原ツアーはどうなるかと心配していましたが、風は収まり、雨も霧雨と変わりました。

森の中は風もなく霧に包まれていて、道端にはアマミテンナンショウの株。2枚の葉の間からつぼみを出している株があちこちにありますが、1か所では雌株と雄株が並んで咲いていました。

手前左の葉っぱより低い場所で花を咲かせているのが雌株、右手奥に花が葉っぱより高くさいているのが雄株です。雄株と思われる株の葉っぱが小さいのは気になるのですが、多分、雄株かと。

ハドノキ

ハドノキ
ハドノキ

気温は下がってきているのですが、森の中はなにやら賑やかになってきました。

林道沿いではあちこちでサクラツツジが咲きだし、エゴノキも場所によっては林道にたくさんの白い花を散らしています。リュウキュウバライチゴの花も目立ちますが、リュウキュウイチゴの新芽や蕾も姿を見せ始めました。街中のヒカンザクラもあちこちで咲き始めています。

今年は1月28日が旧正月。来週の頭は最低気温11度と冷え込む予報がでていますが、春は早いかもしれません。

サクラツツジ

サクラツツジ
サクラツツジ

今朝も気持ちいい青空が広がっています。

その分、明け方は冷え込んでいましたが、お昼前にはポッカポカ。おかげで(?)、昨日見つけたスッポンタケはなかなか刺激的な臭いを放っていました。

林道沿いではサクラツツジが咲き始めました。個体差が大きくて、同じ場所でも株によって咲く時期にバラツキがありますので、しばらくの期間、島内のあちこちで楽しめると思います。

太い!スッポンタケ

スッポンタケ
スッポンタケ

油断していたら1か月近く更新無しで、新年を迎えてしまいました。

本年もボチボチと更新となりますが、よろしくお願いします。

小雨の中をご案内して折り返すと、道端に白い棒のようなものが落ちてます。よくみると太いスッポンタケでした。昨年は2月にご紹介していましたが、1か月早いかな。

道端にはサクラツツジも咲き始めてますし、アマミテンナンショウもそろそろでしょうか。

観光ネットワーク奄美のInstagramにも金作原原生林の様子を掲載していますので、是非フォローお願いします。