レンゲにシリケンイモリ

シリケンイモリ
シリケンイモリ

昨日は南風ということもあり、かなり暖かくなりました。夜になって土砂降り。

そして今日は北風。そのせいでしょうか。森はちょっとひんやりとしているけども湿度が高くて霧が流れていました。

昨日の暖かさのおかげでしょう。しばらく姿を見せていなかったシリケンイモリがいました。そっとレンゲにのっけると、土鍋で丸くなるネコのように、レンゲに収まってくれました。

シマイズセンリョウのつぼみ

シマイズセンリョウのつぼみ
シマイズセンリョウのつぼみ

1月末にご紹介したシマイズセンリョウの実、今シーズンの花が準備中で既につぼみがたくさん出てきています。

実はいまだにたくさん残っていますが、よほど美味しくないので、鳥も虫も食べないんでしょうね。

クチナシの実

クチナシの実
クチナシの実

奄美大島も寒い日が続いていて、森の中もこれといって変化があまりなく、再び更新が滞ってしまいました。すいません。

どうしようかと探していると、色づき始めたクチナシの実がありました。通常は栗きんとんを色付けするために使われるのですが、奄美大島ではまったく使いません。梅雨時に咲いた花がようやく色づいてきました。もう少し熟して黄色くなると鳥たちが好んで食べるようです。

道端のアマミテンナンショウ、再び。でも・・・

杭のそばのアマミテンナンショウ
杭のそばのアマミテンナンショウ

昨年のほぼ同じ頃に散策開始地点すぐ、道路脇で咲いていたアマミテンナンショウ。偶然、天使のように見えてお気に入りでしたが、咲き終わったあとは花だけでなく葉もすっかり姿を消していました。

ところが、数日前にいきなり葉っぱが出てきたと思ったらつぼみが伸びてきました。

杭のそば(拡大)
杭のそば(拡大)

でも、その横には杭が打ち込まれています。

これは先週、設置されたもので、この春に決まる国立公園に向けたもののようです。詳細は後日。

なんとも微妙な場所に杭を打ち込んだものです。もう少しで地中の根はつぶされていたかもしれません。でも、今シーズンまでかな。ちょっと残念

快晴ですが風はまだ冷たい

青空
青空

先週末の旧正月から一気に気温が上がるのかと思ったのですが、昨夜から今朝がたはかなりの強風が北東から吹き付けています。

森の中も快晴で青空を見上げることができましたが、冷たい風が吹き抜けていました。

おかげでシマウリカエデの黄葉がほとんど吹き飛ばされて、新芽が準備を進めてます。

森へと続く知名瀬の農道沿い、たわわに実ったタンカンがきれいに色づき、2年ぶりの出荷が始まりました。美味しいですよ!