ギンリョウソウのつぼみ

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

散策路沿いで見ることができるギンリョウソウの群落が今年は小さいかなと思っていたら、去年から少し離れた場所に元気に出てきてくれています。

そして、散策路まで車で通る林道沿いにも大きな群落があり、昨年咲いた後はマングースのトラップが仕掛けられていたので、今年は無理かなと思っていたら、元気なつぼみが土の中から顔をのぞかせていました。

また、定点観測します。

原生林への道へは新しく看板やゲートなどが設置されてます。

森は新緑

新緑の森
新緑の森

お天気が不安定で、なかなか気温も上がってきていませんが、森はどんどん新緑で明るくなってきています。

写真は金作原原生林へ向かう林道から見上げた新緑の森です。

今年はギンリョウソウは少ないのかなと心配していましたが、昨年通りの群落も出来始めています。

ナンゴクホウチャクソウ

ナンゴクホウチャクソウ
ナンゴクホウチャクソウ

そろそろだよね、と思っていたら散策路の入り口にすでに咲いていました。

ナンゴクホウチャクソウ、ユリの仲間です。

ギンリョウソウの季節でもあるのですが、残念ながら今年はあまり咲かないようです。

シマイズセンリョウ

シマイズセンリョウ
シマイズセンリョウ

7日に奄美群島が国立公園となりました。環境省の国立公園のページ奄美野生生物保護センターのサイトには詳細がまだ掲載されていませんので、後日ご紹介したいと思います。

国立公園の保護区としての一環でしょうが、先日ゲート建設のために杭が打ち込まれていた場所にはゲートの柱が、その手前には車止めの柵が設置されました。これで車両は物理的に通行はできなくなりました。こちらも完成後にご紹介したいと思います。

散策路では写真のシマイズセンリョウが咲いていました。また、ギンリョウソウがつぼみを土中から出てきていますが、例年に比べるとちょっと小振りなのが気になります。

赤い新芽2つ

湯湾岳周辺で咲き始めたシマウリカエデ、金作原でも咲き始めています。そんな中に赤い新芽が目立っています。

アカメガシワの新芽

ホソバタブの新芽(3/7:修正、ネットでご指摘があり、タブノキではなくてホソバタブのようです。)