森の中のクチナシの花

クチナシの花
クチナシの花

昨日は梅雨らしく、山々が雲に覆われたというか、島全体が雲の中に入ったような状態で霧雨が降り続いていましたが、今日は再び快晴。

空気もサラッとしていて、なんか梅雨明けのような感じです。

里山や日当たりのいい林道沿いでは梅雨の花々、イジュかコンロンカ、ゲットウやクマタケラン等が咲き乱れていますが、森の中もようやく花の時期になったようです。

アオノクマタケランの咲き始めていますが、クチナシはたくさんの花を咲かせています。スポットライトが当たるように太陽の光があたったクチナシの花です。

イジュが咲き始めました

イジュの花
イジュの花

奄美地方は13日に梅雨入りした模様と発表がありました。

まだ、森の奥では梅雨時期の花が咲いていませんが、日当たりがいい集落近くや林道沿いではコンロンカ等、梅雨の時期の花が咲き始めています。

里集落の道端ではイジュの花が咲き始めています。高木が多いのでなかなか花を近くで見ることができず、少し高い道路際から咲き始めのイジュの花を撮影してみました。

梅雨時の花がもうすぐ

ハゼノキの新芽
ハゼノキの新芽

GWに入って更新が滞っています。すいません。

これ!という変化があまり目立たなかったのですが、梅雨の花々が少しづつ準備を始めています。今日は湯湾岳へ行ってみると林道沿いなどでコンロンカが咲き始めていていて、クチナシの白い花も目立ってきています。

金作原の林道沿いでもそろそろ見れるでしょうね。そして梅雨突入でしょうか。

ハゼノキの新芽も空を隠すように広がってきています。