ナギの幼木

ナギ
ナギ

今日の午前中は4歳と5歳のお子さんを連れたご家族1組をご案内しました。

まだまだ、お子さん2名はご両親にかまって欲しいようで、特に下のお子さんはお母さんかお父さんにべったり。奄美の自然の説明をするのですが、お子さんたちはご両親が説明に聞き入ると、気に入らないご様子。

まぁ、仕方ないですね。ということで、最低限のお話を最初に行って、あとはお子さんの様子をみながら。

おかげで道端をじっくりと見て歩けました。

路肩にはナギの幼木。厚みのある、艶やかな葉がきれいです。広葉樹のような形の葉ですが、イヌマキの仲間でマキ科。

クワズイモとヒカゲヘゴ

クワズイモとヒカゲヘゴ
クワズイモとヒカゲヘゴ

メインのヒカゲヘゴの下にあるクワズイモがかなり大きくなってきました。

リュウキュウイノシシが餌となるミミズを探しているのか、道端が掘り返すために、クワズイモもひっくり返されてしまっていました。

道端にはスダジイの実がたくさん落ちていますから、イノシシたちも美味しくたべてるんじゃないでしょうか。クワズイモも一安心かな。