今朝のズアカアオバト

ズアカアオバト
ズアカアオバト

たくさんのお客さんが巣の下を通過してるのでしょうが、頑張って(踏ん張って?)抱卵しているようです。

恐らく管理している森林管理署によるものと思いますが、ズアカアオバトの巣から林道側にのびていた枝が切断されて、知らずに通っても巣を揺らしてしまうことは無いようにしてありました。

おかげで巣は丸見えですが・・・・優しく見守りましょうね。

ズアカアオバト、抱卵中かな?

抱卵中?
抱卵中?

先日、ズアカアオバトが巣作り中かもとご紹介したのですが、昨日の午前中に見てみると巣の中にうずくまっていて、おそらく抱卵しているんじゃないかと思われます。

この場所は散策路に突き出た枝の上、昨年の春に国立公園になったことに伴い、一般車両は通行できなくなったので、こんな場所に巣が作れるようになったんでしょうね。

でも、マングース駆除を行っているマングースバスターズや原生林を管理している森林管理署の車両が通行することがありますので、車両の通行時に巣のある枝を叩かないように注意してもらうために森林管理署と奄美野生生物保護センターにはお願いの連絡をしておきました。

写真はそっと木陰から見えた抱卵中と思えるズアカアオバトの姿です。あいにくのお天気で雨が降っていて気温も低いせいか、羽毛の間に空気を一杯入れて暖かくしているんでしょうか。

ズアカアオバト、巣作り中

ズアカアオバト
ズアカアオバト

散策路の途中、ヒカゲヘゴが集中しているメインポイントの下にはハドノキが大きく散策路へと枝を広げていて、ズアカアオバトがよく枝にとまっていたり、ハドノキの花をぱくついています。

今日は1羽が飛んできたと思ったら、枝の途中にもう1羽。そしてその枝の上には細い小枝が集められていて、どうやら巣作りしていたようです。

でも、ここは一番のスポット。多くの人が立ち止まる所です。このまま無事に巣を作れるのでしょうか。でも、考えようによっては、人が多く通るとカラスがやってくる危険が少ないからいいのかもしれません。

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

斜面と廻りの草木に守られたギンリョウソウ。

道端の風雨が叩く場所とは違って、高さがあります。

頑張って望遠レンズで撮影してみました。

そろそろギンリョウソウのシーズンも終わりです。

トベラの花

トベラの花
トベラの花

トベラの花は集落近辺や日当たりのいい場所では既に満開をすぎていますが、森の中ではようやく咲き始めました。

いい香りなんですが、微妙な香りでもあるんですよ。あるものに香りが似ています。

花びらが3枚のエゴノキの花、初!

 

花びら3枚のエゴノキの花

エゴノキの花びらコレクションとして、今年は8枚は見つかっていませんが、4枚から7枚までは確認してます。

しかし、今日はお客さん、それも小学生のお子さんが3枚というのを見つけてくれました。

去年は気づかなかったな。一体どれだけのバリエーションがあるのでしょうか。他に地域ではどうなんでしょう。