オキナワシタキヅル(シタキソウ)

オキナワシタキヅル
オキナワシタキヅル

散策路のスタート地点、日当たりのいい場所の木に絡んでいるツルに白い花が咲いています。

「琉球の樹木」ではシタキソウとありますが、こちらの記事によると、シタキソウよりも花びらが反っているところからオキナワシタキヅルになるようです。

メジロホオズキ

メジロホオズキ
メジロホオズキ

道端で葉に隠れるように白い花が咲いていました。

メジロホオズキです。

ナス科ですので花はナスの花に似ています。

写真を撮影するためにちょっと失礼して持ち上げてます。

ショウベンノキの花

ショウベンノキ
ショウベンノキ

なんとも可哀そうな名前の木で、ほとんどの水をたっぷりと蓄える木は~ミズキという名前になるそうですが、この木はショウベンノキ。春先に枝を切ると水がポタポタと落ちるから、だそうです。

実のような蕾がたくさんついていましたが、ようやく小さな花が開きました。待ちかねたようにたくさんの虫が集まってきています。

ズアカアオバトのヒナ

 

ズアカアオバトの親子
ズアカアオバトの親子

抱卵していたズアカアオバト、生まれたヒナを目視はできていたのですが、今日の撮影した写真をよくみるとヒナが写ってました。

左側につぶらな目が見え、お尻をこちらに向けています。

巣立ちまではもう少しかかりそうです。

森の中は涼しく、午後の森の中は20度、湿度は70%です。

 

フトモモの花

フトモモの花
フトモモの花

この時期、農道沿いの川のそばの木に花火のようなフトモモの花が咲いています。

グアバの仲間で果物として持ち込まれた栽培種が野生化しています。花も甘い香りがしますが、なにせ野生化して木が高くなっているので、香りを嗅ぐどころか、写真を撮影するのも難しいです。

涼しいGWでした

クワズイモの葉陰から
クワズイモの葉陰から

明日でGWも終わり。今日も森の中は涼しくて、午前・午後ともに湿度は50%前後で気温も20度前後。

本来は秋に咲くはずの花が咲いてしまってますが、アブが姿を見せはじめてます。ブヨもそろそろ?虫よけは必須となってきますよ。

抱卵していたズアカアオバトは無事にふ化したようで、ヒナの姿も確認できました。

写真はメインのヒカゲヘゴの下、林道の端近くに生えているクワズイモの葉陰からの写真です。林道を踏み外すことなく撮影できます。スマホのカメラをHDRモードにして撮影しました。上記リンクを読んで使いこなせるようにしておくと、奄美に来てからの撮影に便利ですよ。