カゴメラン

カゴメラン
カゴメラン

 秋の花、カゴメランが咲き始めています。
 葉っぱの模様が籠の網の目のようなので、籠の網の目ランという意味でカゴメラン。
 今年は株が増えたようです。国立公園になった時に鍵付きゲートが設置され、一般車両が通行できないようになった効果が出ているんでしょうね。

 林道沿いには、ヤマヒヨドリバナのつぼみも多くなり、一足先にツマムラサキマダラやリュウキュウアサギマダラの姿も多く見れますが、そろそろアサギマダラも海を越えてやってくるころでしょうか。

ベニツツバナ

ベニツツバナ
ベニツツバナ

 午前中、金作原探検ツアーへご案内してきました。
 現地へ向かう林道沿いを車で登って走っていると、”今の紅い花はなんですか?”とお客さんからご質問。
 ”え?この季節に森に紅い花とか無いはずですが・・・”と、この森の花の特徴(台風シーズンは花が少ない、原色の花はツツジなどを除き園芸種がほとんど)をお話したものの、気になったので、帰り道に見つけた場所を教えてもらいました。

 奄美中央林道から知名瀬集落への林道を降り始めてすぐのカーブ、右手のスペースにありました。
 ベニツツバナ、確かに鮮やかな紅い花です。まさか、こんな山奥に園芸種が。
 「琉球の樹木」によるとメキシコ~中央アメリカ原産で、秋~冬に花はピークを迎えるようです。

季節外れのチャボイナモリ

チャボイナモリ
 チャボイナモリ

 散策路沿いに小さな白い花、チャボイナモリが咲いていました。
 この季節に見るのは珍しい気がします。これまでご紹介したのは、いつも5月。
 そのせいか花の数も少ないような。

アリが集まるハダカホオズキ

ハダカホオズキ
ハダカホオズキ

 去年の台風で木々が倒れてできた森のギャップ。
 陽当たりが良くなったところにハダカホオズキがたくさん生えてきて花が咲いています。
 今日、咲いている花にはすべて、たくさんのアリが集まっていました。
 甘い蜜が出ているのでしょうか。

ドングリを探す?ルリカケス

ルリカケス
ルリカケス

 最近、再び、地面をついばむルリカケスを多く見かけるようになりました。
 恐らく、隠しておいたドングリをさがしているのでしょうが、もうそろそろ次のシーズンのドングリが実るころ。
 1年近く前に隠しておいたドングリが食べることはできるのでしょうか。
 熟成してるとか?