道端のアマミテンナンショウ、再び。でも・・・

杭のそばのアマミテンナンショウ
杭のそばのアマミテンナンショウ

昨年のほぼ同じ頃に散策開始地点すぐ、道路脇で咲いていたアマミテンナンショウ。偶然、天使のように見えてお気に入りでしたが、咲き終わったあとは花だけでなく葉もすっかり姿を消していました。

ところが、数日前にいきなり葉っぱが出てきたと思ったらつぼみが伸びてきました。

杭のそば(拡大)
杭のそば(拡大)

でも、その横には杭が打ち込まれています。

これは先週、設置されたもので、この春に決まる国立公園に向けたもののようです。詳細は後日。

なんとも微妙な場所に杭を打ち込んだものです。もう少しで地中の根はつぶされていたかもしれません。でも、今シーズンまでかな。ちょっと残念

アマミテンナンショウの雌株

アマミテンナンショウの雌株
アマミテンナンショウの雌株

今年はアマミテンナンショウが散策路の間だけでも、花の咲く時期にかなりのバラつきがあるようです。

散策路、折り返し近くはとっくに終わったと思ったら、散策路入り口近くでは、その半月後に咲いていました

と、思っていたら散策路の折り返し近くで再び、蕾が出ていると思うと、写真のように雌株が咲いていました。葉っぱの下に隠れるようです。

道端のアマミテンナンショウ、羽ばたいてるよう。

アマミテンナンショウ
アマミテンナンショウ

散策路の奥、折り返し地点近くのアマミテンナンショウは半月ほど前で花が咲き、残念ながら何者かに踏みつけられたり、花がちぎられたりしてしまいました。

ところが、スタート地点の三叉路からすぐの場所に連続して生えていて、道端からちょっと離れた場所にもつぼみが出ていましたが、今日、ちょうど咲いたところでした。

どれぐらいの場所かわかるように地面すれすれから撮影したのですが、よく見ると、花と茎を顔と胴体に見立てると、葉っぱが羽ばたいているように見えませんか?偶然にこんな感じになりました。

車の通行が禁止されているので、こんな場所で生えてきたのでしょう。くれぐれも踏みつけられませんように。

アマミテンナンショウがもうじき

アマミテンナンショウ
アマミテンナンショウ

ヒカンザクラの花が金作原へ向かう道沿いでもチラホラと咲き始めていますが、森の中ではアマミテンナンショウが葉を広げ、真ん中から蕾が出始めています。

花の時期が終わってしまうと、やがて葉っぱも姿を消すのですが、いつの間にか新しい葉っぱが姿を見せていました。

 

夫婦アマミテンナンショウ

アマミテンナンショウ
アマミテンナンショウ

今年もイノシシに掘り返された影響でアマミテンナンショウは少ししか出てない、花が咲いていないなと思っていたら、散策路脇の資材置き場だったと思われるスペースに群落ができていました。

さらには雌雄異株のアマミテンナンショウ、雄株と雌株が揃っている、いわば夫婦アマミテンナンショウの株も2つありました。

写真はそのうちの一つ。右の葉よりも高い花が雄株の花、左の葉と同じぐらいというか潜り込んでいるような花が雌株の花です。

道端にはギンリョウソウの蕾も土の中から顔を出し始めてますよ。