梅雨時期の花もそろそろ終わり

イジュの花
イジュの花

まだ梅雨明け宣言は出ていませんが、既に日差しは夏です。

平地では梅雨時期の花はほとんど終わってしまい、満開だったイジュもほとんど花を落としてしまいましたが、山の奥、金作原原生林ではようやくイジュが咲いて、花が林床へと落ちてきています。

イジュが咲き始めました

イジュの花
イジュの花

奄美地方は13日に梅雨入りした模様と発表がありました。

まだ、森の奥では梅雨時期の花が咲いていませんが、日当たりがいい集落近くや林道沿いではコンロンカ等、梅雨の時期の花が咲き始めています。

里集落の道端ではイジュの花が咲き始めています。高木が多いのでなかなか花を近くで見ることができず、少し高い道路際から咲き始めのイジュの花を撮影してみました。

シダの上にイジュの花

ヒリュウシダの上にイジュの花
ヒリュウシダの上にイジュの花

森の奥はイジュの花が満開で、散策路や林床にはたくさんの花が落ちています。

今朝早くから雨が降ったため、午前中の森には落ちたばかりのきれいな状態の花がたくさんありました。

その中にはヒリュウシダの上にきれいに落ちたものも。まるでシダの葉に咲いているようです。

最近、森でやっかいものがアブ。例年より多いようです。噛まれることはほぼないのですが、とにかくうるさくてしつこい。虫よけはあまり関係なく、黒い色を好んで止まるようです。黒っぽい服やバッグは避け、黒髪の方も帽子などで隠したほうがいいでしょう。止まったところはタオルなどで叩き落すといいので、タオルを1本持ってくるといいと思います。

イジュでハート♪

イジュでハート
イジュでハート

3日連続で森へ。雨の予報でしたがなんとかもってくれました。

路上には昨夜の雨でイジュの花があちこちに落ちています。

大川の源流に差し掛かると散策路に写真のようなハートマーク。午前中に訪れた人がイジュの花で作ったようです。

踏み荒らさないようにそっと横を通り抜けました。

イジュの咲く森

イジュの咲く森
イジュの咲く森

日当たりのいい道端で咲いていたイジュの花がどんどん山を登っていって、金作原原生林の散策路にもたくさんの花が落ちています。

奄美市名瀬の知名瀬から金作原原生林へ行く林道沿いで森を見渡せる場所がありますが、その森にも白いイジュの花がたくさん咲いていました。

島内では加計呂麻島でも咲いていますしが、かなり咲いている場所にバラツキがあるようです。日当たり等の関係から花の時期がずれているのか、それともイジュの分布がばらついているのか。遠目に見るとイジュの木の有無はわかりづらいので、なんとも判別が難しいですが、今は住用町の西仲間から新村にかけて多く分布しているように見えます。

季節外れのイジュの花

イジュの花
イジュの花

午前中、金作原原生林へご案内していると路上に花が落ちていました。

イジュの花です。本来ならば5月の頭に咲く梅雨を告げる花。

先月半ば頃から国道沿いで狂い咲きしているイジュを見かけていて、マングローブの周辺でも最近咲いていたのですが、日当たりと風が当たる場所だからと思っていました。

まさかこんな山の中でも狂い咲きしているとは、びっくりです。