ギンリョウソウはピークを過ぎました

ギンリョウソウの花の終わり
ギンリョウソウの花の終わり

あちこちで咲いていたギンリョウソウもそろそろ終わりが近づいてきてます。

散策路沿いにチョコンと咲いていたギンリョウソウも花が終わり、水滴のような形になってきました。この中に種ができているそうです。割って見てみたいゆうわくにかられますが、我慢。

今日の林道沿いのギンリョウソウ

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

林道沿いのギンリョウソウがどんどん咲いてきています。

また、写真は難しいのですが、この周囲の広範囲にたくさん咲き始めました。

写真が撮りやすい場所です。

林道沿いのギンリョウソウが咲き始めました

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

先月末にご紹介した林道沿いのギンリョウソウのつぼみ、ようやく咲き始めました。

周辺を見ると、以前よりかなり広範囲に広がっています。

ギンリョウソウのつぼみ

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

散策路沿いで見ることができるギンリョウソウの群落が今年は小さいかなと思っていたら、去年から少し離れた場所に元気に出てきてくれています。

そして、散策路まで車で通る林道沿いにも大きな群落があり、昨年咲いた後はマングースのトラップが仕掛けられていたので、今年は無理かなと思っていたら、元気なつぼみが土の中から顔をのぞかせていました。

また、定点観測します。

原生林への道へは新しく看板やゲートなどが設置されてます。

そろそろギンリョウソウも終わり

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

例年よりもあちこちで咲いていたギンリョウソウも、このコケの斜面に咲いた小さな1輪が最後でしょうか。

他の場所ではほとんど種をつけた形になってしまいました。

加計呂麻島では梅雨の花、コンンロンカが咲いたという話です。森の新緑も緑が濃くなってきました。

季節は次へ移っていくようです。

今年はギンリョウソウがあちこちに出現

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

先月から咲き始めたギンリョウソウ。昨年と同じ場所にも咲いていたのをご紹介しましたが、今年新たに顔を出してくれたところが2箇所。

写真の群落も今年が初めてです。隣にもう1つ群落があります。この場所の道を挟んで反対側の斜面に1輪だけ小さなギンリョウソウが咲いていたのですが、数年前から姿を消していました。

4月に入った途端に暖かい南風。いつの間にかサシバの姿が消え、声も聞こえません。北へ帰っていったのでしょうか。夏鳥のリュウキュウアカショウビンの声ももうすぐかな。

ギンリョウソウ開花

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

ギンリョウソウが土の中から顔を出し始めていましたが、一部で咲き始めました。

写真はここ数年、毎年咲いている散策路脇の崖に咲いたもの。昨年まではもう少し下に咲いていたのですが、今年はリュウキュウイノシシに掘り返されたためか上にだけ出てきています。

散策路ではここ数年は姿を消していた場所に、ちょっと細身ですが、復活してくれました。

そして、散策路までの車で移動している林道沿い、昨年から大きな群落が出現したのですが、今年も大丈夫なようです。

他の2箇所の咲いている様子は、また後日。

ギンリョウソウの花は終わり

ギンリョウソウの最後
ギンリョウソウの最後

2月に咲き始めた3月に満開となったギンリョウソウはほぼ終わりです。

他の場所ではほとんど姿を消していますが、この群落が恐らく最後で、種子ができているようです。

来年もまた、同じ場所で咲いてくれるでしょうか。

 

キンギンソウ

キンギンソウ
キンギンソウ

あちこちにカクチョウランの蕾が目立っていますが、一足先にキンギンソウが咲き始めました。

ちょっと地味なランですが、咲き始めは白色、これを銀色に、やがて黄色がかっていきますが、これを銀色に見立てての名前のようです。

これだけ花茎が長いと曲がってしまう個体が多いのですが、条件がよかったのでしょう。きれいにまっすぐな個体でした。

斜面にギンリョウソウのカップル

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

今年新たにギンリョウソウが咲く場所が増えました。

先日ご紹介した路肩もそうですが、写真は斜面に2つだけ咲いている株です。

大きさが違う2つ。カップルのようにみえませんか。