サクラツツジ咲きました、が、寒い!

サクラツツジ
サクラツツジ

奄美大島も冷え込んでます。

今朝の森は到着した時点でアラレが降ってきました。そして、折り返し地点のあたりでは、写真のように8度。

そんな冷え込んだ森でもサクラツツジが咲き始めました。まぁ、かなり気まぐれというか、個体差が大きな木で、この木は毎年早いですが。

サクラツツジ開花

サクラツツジ
サクラツツジ

一昨日まで日中はTシャツで十分なぐらいに暖かい日が続いていましたが、昨夜から奄美大島も冷え込んでいます。と、いっても15時現在で14度です。

奄美大島探検図」作成作業のために、森へ行けなかったのですが、今日、今月初めて金作原原生林へ行ってみたところ、7月頃から出始めていたサクラツツジの蕾が咲き始めていました。

実は12月2日に取材のお手伝いで短時間だけ金作原へ行った時に、知名瀬からの林道沿いではチラホラと咲き始めていましたが、散策路沿いでは初めてだと思います。

早くもサクラツツジの蕾

サクラツツジの蕾
サクラツツジの蕾

7月の終わりに「この時期にツツジの蕾?」という記事を書きましたが、やはり蕾だったようです。

個体差が大きくて早いと12月頃から咲き始めるツツジで、この個体は例年早いのですが、それでもまだ10月。まだ夏のような陽気ですが、秋冬を飛び越えて春の準備です。

この近くに1週間前に居たヒメハブ、あれからずーと同じ場所に居ます。今日も居ました。

この時期にツツジの蕾?

サクラツツジの蕾?
サクラツツジの蕾?

あっ!という間に7月も最終日。

久々に森へ入ってみると、通常12月から2月頃に咲くサクラツツジ(個体差が大きくて花の時期が大きくばらつきます)に蕾らしきものが出てきてありました。

写真をトリミングして拡大してみても、新芽じゃなくて蕾のように見えます。どうなんでしょうか。

サクラツツジ開花

サクラツツジ
サクラツツジ

10日ぶりの更新です。すいません。この間に2度ほど行ってたのですが、冷たい雨の2日でこれといった写真もありませんでした。

今朝もどんよりとした空で心配していましたが、出かけてみるとみるみる青空が広がってくれました。

オキナワウラジロガシへの尾根道へ行くと、サクラツツジが一株、咲き始めていました。(写真は高いところだったというのもあって、ちょっとぶれてます)サクラツツジは個体差が大きくて色も開花時期もバラつきます。この個体は毎年早くて純白の花です。

道端にはルリミノキの花がたくさん、名前の通り、瑠璃色の実も目立つようになってきました。

シマウリカエデはほとんど黄葉が終わって落葉し、新芽が準備しています。ハゼノキは台風の汐焼けして落葉した個体は新芽が吹いていますが、今年の葉がまだ残っているものも多いです。