シマイズセンリョウ

シマイズセンリョウ
シマイズセンリョウ

7日に奄美群島が国立公園となりました。環境省の国立公園のページ奄美野生生物保護センターのサイトには詳細がまだ掲載されていませんので、後日ご紹介したいと思います。

国立公園の保護区としての一環でしょうが、先日ゲート建設のために杭が打ち込まれていた場所にはゲートの柱が、その手前には車止めの柵が設置されました。これで車両は物理的に通行はできなくなりました。こちらも完成後にご紹介したいと思います。

散策路では写真のシマイズセンリョウが咲いていました。また、ギンリョウソウがつぼみを土中から出てきていますが、例年に比べるとちょっと小振りなのが気になります。

シマイズセンリョウのつぼみ

シマイズセンリョウのつぼみ
シマイズセンリョウのつぼみ

1月末にご紹介したシマイズセンリョウの実、今シーズンの花が準備中で既につぼみがたくさん出てきています。

実はいまだにたくさん残っていますが、よほど美味しくないので、鳥も虫も食べないんでしょうね。

シマイズセンリョウ

シマイズセンリョウ
シマイズセンリョウ

小さな花がびっしりと咲いているのはシマイズセンリョウです。

あまり派手さはありませんが、白くて小さな花。他にも小さな花としてナンゴクアオキも咲いています。

散策路沿いではギンリョウソウが新しく顔を出している場所も見つけました。ポイントが増えるのは嬉しいですね。