ボチョウジ

ボチョウジ
ボチョウジ

たくさん蕾をつけていましたが、ボチョウジの小さな花が咲き始めました。

奄美の森の花々は白や淡い色、緑と目立ちにくい色が多く、花も小さいものが多いです。

何故でしょうね。

でしゃばらなくても、派手に着飾らなくても、香りをふりまかなくても、十分受粉してもらえる、ということなんでしょうか。

金作原へ向かう農道沿いにはマンゴーやパッションフルーツを栽培しているハウスがあるのですが、そのハウスの途中に最近、無人売店が出来、昨日から3個入りパッションフルーツが300円で販売されています。

昨日のお客さん、皆さん購入したので直ぐに売り切れてしまい、今日も2袋を残すのみとなりました。しばらく販売してくれると嬉しいのですが。

ボチョウジ

ボチョウジ
ボチョウジ

6月末から作業にかかりっきりでしたが、ようやく「奄美大島探検図 Vol.33 2014年夏号」が作成完了したということもあって、久々に森へと出かけました。

数日前から梅雨明けのような快晴でしたが、今日は台風8号の影響がではじめているのでしょうか、すこし曇り気味です。

道端ではボチョウジの小さな花が咲いています。小さすぎるので拡大を右下に貼り付けてみました。