リュウキュウバライチゴの実

リュウキュウバライチゴの実
リュウキュウバライチゴの実

4月から新人スタッフが加入、明日からのGWは早速、ツアーでお客さんを現地へお連れするので、林道の運転の最終チェックでした。

林道の運転も理屈ではなくて経験を積んでいくしかありませんが、とりあえずは現状の路面状態でちゃんと走れるか確認してきました。

帰り道にご褒美ではありませんが、リュウキュウバライチゴの実がきれいに色づいて熟していました。

街中の日当たりがいい場所では桑の実のように紫色になるのですが、森の中ではこんな色になります。

リュウキュウバライチゴの完熟した実

リュウキュウバライチゴの実
リュウキュウバライチゴの実

知名瀬から金作原原生林への林道沿いに春先からたくさんの野いちごの花が咲いていましたが、完熟した赤い実が目立ってきました。

3種類ある野いちごのうち、一番早く食べることができるようになるリュウキュウバライチゴの赤い実です。

市役所のほうで農道から林道、そして奄美中央林道にかけて道端の雑草を刈っているので、もしかしたらそのうち刈り取られてしまうかもしれません。