台風後の林道、やはり倒木が

倒木
倒木

台風15号は、心配していたほどは奄美大島に接近せず、昨日(24日)の夕方から強風があたりましたが、大きな影響はありませんでした。

とはいえ、場所によっては道路上に枝が散乱したり、停電の場所もあったようです。

今朝は少し返しの風があるものの雨も止んでますが、林道にどれぐらいの影響があるのか、さっそくチェックに行ってきました。

枝葉が散乱しているものの大きな被害はなかったのですが、マツクイムシで枯れた松が数箇所で道に倒れていました。ほとんど切断して車が通れるようにしたのですが、写真はその中でも最大で、これはチェーンソーでも無いと無理です。多分、午後までには市役所のほうで除去してくれるはずですが。

まだ道路脇には立ち枯れたマツが残っていますので、この後もいつ倒れてくるかわかりません。くれぐれもいたずらに林道に入らないようにしてください。(未舗装の林道は道路脇にスペースがあっても、Uターンなどをしようと入り込むと、タイヤが滑って出れなくなる恐れがあります。)

台風三兄弟も接近中、倒木に注意

松の倒木に潰されたエゴノキ
松の倒木に潰されたエゴノキ

奄美大島探検図 Vol.35の編集で先月25日から10日ほど金作原原生林へ足を運んでいませんでした。

久しぶりに通る農道の小さな倒木は撤去されていましたが、奄美中央林道に入ると道路脇のエゴノキが様子がおかしいので、帰りがけによく見ると、多分、マツクイムシで枯れたリュウキュウマツが倒れかかって道端のエゴノキが潰されかけています。エゴノキが踏ん張っているおかげで林道がふさがれていません。

南の海上には台風三兄弟、来週には沖縄・奄美に襲来しそうです。風雨で、こういう感じで枯れたマツがあちこちで倒れてくるおそれがあります。ご注意下さい。