ギョクシンカ

ギョクシンカ
ギョクシンカ

梅雨の中休みでしょうか。昨日の夕方から降りだした雨は予報が変わり、曇り空。そして湿度も低くて快適な午前中の森でした。

カクチョウランやクチナシの花は姿を消し、アオノクマタケランやコンロンカがピークを迎えています。

そんな中、ずっと蕾だったギョクシンカが白いマリのような花を咲かせてくれました。

シシアクチの花

シシアクチ
シシアクチ

散策路沿いには小さな花が多いのですが、このシシアクチもその一つ。

つぼみばかりでなかなか開花しているものが無いなと思っていたら、今日、開花しているのを撮影してみました。

マクロレンズではないので、これが限界です。

ギョクシンカ

ギョクシンカ
ギョクシンカ

今年の梅雨は空梅雨かなと思っていたのですが、終盤にきてまとまった雨が降り続いています。

一昨日からの雨が連続していて、今日の明け方までは土砂降りでしたが、午前中の金作原原生林に到着すると雨は止み、ときおり太陽も顔をのぞかせていました。

雨上がりの森はしっとりと濡れていて、ちょうどギョクシンカの花も咲き始めていました。小さな白い花が集まって鞠のようになるのですが、まだ咲き始めたところで蕾も残っています。

クチナシの花

クチナシ
クチナシ

街なかでは園芸種の八重の花も見かけますが、森の中では自生のクチナシの花が咲いていて、これも梅雨を代表する花です。

もっと開ききった花が多く、咲き終わる頃には黄色くなってしまうのですが、ちょうど開き始めの花を見つけました。

ちょっと趣が違います。

ヤンバルセンニンソウ

ヤンバルセンニンソウ
ヤンバルセンニンソウ

梅雨の時期は花の時期です。木々の上に絡んだツルに花がたくさん咲いています。

普段は高い木の上なのでなかなか写真撮影できないのですが、林道沿いの垂れ下がった竹に絡んだヤンバルセンニンソウがちょうど目線の高さで咲いていました。

キンポウゲ科、種子島・屋久島以南だそうです。

残念な出来事が一つ。金作原原生林の散策路脇で咲き始めていたカクチョウランが盗掘されてしまいました。なんとも悔しいです。

今日の森のその他の写真は以下で。

キンギンソウ、地味ですがランです。

キンギンソウ
キンギンソウ

昨日はサンプリンセスが入港。

サンプリンセスのお客さんを午前・午後と2回ご案内してきました。

残念ながらカクチョウランはまだ蕾ですが、キンギンソウが咲いています。

地味な花ですが、これもランですよ。

サキシマフヨウ

サキシマフヨウ夏が終わり、ミーニシ(新北風)が吹き始めてサシバの声が響き渡る頃に道沿いを飾るのがサキシマフヨウの白い花です。

ご覧のようにハイビスカスとそっくりの花で、同じアオイ科ですが、九州(福江島・甑島)以南の分布で、ハイビスカスは園芸種です。(「琉球弧 野山の花」参照)

金作原原生林の中ではなく、原生林までの林道沿い等、伐採跡・道路脇などの荒地に多く見られます。

秋を代表する花ですが、狂い咲きすることも多く、暑い日が続き、台風や悪天候でしばらく気温が下がると咲き出すこともあります。

花は1日で萎んでしまいます。夕方になると花びらが閉じて、後ろが薄いピンク色になって落ちます。

なお、この写真は2009年に撮影したものです。