シマグワの不思議な葉の形

シマグワ
シマグワ

金作原だけではなくて、町中などでもよくみかけるシマグワです。

名前の通り、クワ科で”シマ”とありますが、「琉球弧 野山の花」によると分布は日本各地です。

沖永良部島の知名町では、このシマグワを粉末にする工場を建設し4月から稼働予定だそうです。(南海日日新聞の2012/1/11記事より。該当記事の場所を探すのが大変なので一部引用します。)

知名町は本年度、シマグワの葉などを粉末化して業務用販売する「えらぶ特産品加工場」の整備を進めている。沖永良部島に自生するシマグワは、本土産に比べ動脈硬化の予防などに有効なポリフェノール含有量が高いとの研究結果が出ており、健康食材として近年脚光を浴びている。同町では「新品目を発掘することで農業振興を図り、地域活性化の起爆剤になれば」と期待を寄せている。加工場は4月稼働を計画。

ある程度大きな木は見慣れた葉の形ですが、ときたま深く切れ込みのような葉の形があり、こちらの写真でも左の葉がそうなっています。

不思議な葉をしたシマグワ
不思議な葉をしたシマグワ

先日から気になっていたのが、散策路の道端にある、こちらのシマグワ。

なんだか複雑な不思議な形です。

どういうのが原因で、こんな形になるんでしょうね。

メインポイント

メインポイントのヒカゲヘゴ
メインポイントのヒカゲヘゴ

昨日は前日までの台風のようなお天気も回復、午後から少し曇り空でしたが穏やかな金作原原生林でした。

写真はメインポイントのヒカゲヘゴです。いつも見慣れているのですが、少しづつ伸びてるはず。

記録のためにもアップしておきます。

ご案内したお客さんは10年前にもご案内したリピーターの方、”あの時はこうだった・・・”と懐かしい話をお聞きすることができました。

さらに10年後、どうなってるでしょうね。

のびのびクワズイモ

のびのびクワズイモ
のびのびクワズイモ

一般車両の通行禁止となってから、散策路の端っこに生えていたクワズイモが、車にぶつけられることもなく、他の植物と争う必要がないので、道側にのびのびと育っています。

緑のステンドグラス

クワズイモ
クワズイモ

今朝の金作原原生林は雨でしたが、風もなく、雲の中に森が沈んでいるようでした。

写真はメインスポットのヒカゲヘゴの群落の下にあるクワズイモです。

ヒカゲヘゴの落葉がいい肥料になっているんでしょうか、このクワズイモは巨大で、一時期は人の高さを超えていましたが、自分の重さに耐えられずに倒れてしまいました。

しかし、昨年から再び伸びてきて、今では葉っぱの下に人がかがむと入れる大きさになりました。

葉っぱの下から見上げると、葉の表の濃い緑とは違って、光が透けてみえます。緑色のステンドグラスのようです。

サクラツツジ

サクラツツジ昨日は南風が強く当たって揺れていたので撮影できなかったサクラツツジです。

サクラツツジは個体差が大きく、花の色も限りなく白に近いものから、青が強いものまであったり、満開になる時期も違って、遅い場合は3月頃に咲くものもあります。

オキナワウラジロガシの大木の近くのこの株は毎年早く咲きます。

サクラツツジ

トクサランとサクラツツジ開花

トクサラン冬のラン、トクサランが満開になってました。

既に咲き終わった株もちらほらあったのですが、この株はちょうど満開。

その他の写真はFacebookページにアップしてあります。

オキナワウラジロガシ手前のサクラツツジ、毎年開花の早い株がありますが、咲き始めていました。

残念ながら季節外れの強い南風にあおられて写真は撮影できませんでしたが。

 

サキシマフヨウ

サキシマフヨウ夏が終わり、ミーニシ(新北風)が吹き始めてサシバの声が響き渡る頃に道沿いを飾るのがサキシマフヨウの白い花です。

ご覧のようにハイビスカスとそっくりの花で、同じアオイ科ですが、九州(福江島・甑島)以南の分布で、ハイビスカスは園芸種です。(「琉球弧 野山の花」参照)

金作原原生林の中ではなく、原生林までの林道沿い等、伐採跡・道路脇などの荒地に多く見られます。

秋を代表する花ですが、狂い咲きすることも多く、暑い日が続き、台風や悪天候でしばらく気温が下がると咲き出すこともあります。

花は1日で萎んでしまいます。夕方になると花びらが閉じて、後ろが薄いピンク色になって落ちます。

なお、この写真は2009年に撮影したものです。

 

もうすぐトクサランの季節

トクサランのつぼみ散策路は片道1.2Kmほどなのですが、微妙な環境の違いでしょう、ラン・エビネ類は種類毎に群落を作る場所が異なります。

ここの斜面はトクサランが多い場所。特にここ数年は株が増えてきました。

12月から1月に花を咲かせるランです。

トクサランこの花の写真は昨年の11月23日のもの。

黄色い小さな花を咲かせます。

現在の様子(上の写真)からはちょうど筆を逆さに立てたような花茎があるのがわかるでしょうか。(右側に2本)