バリバリノキの新芽

バリバリノキ
バリバリノキ

覚えやすい名前の木です。

名前の由来は新芽の下に濃い緑の葉が見えますが、葉の縁が波打っていて、葉がこすれるとバリバリと音がしそうだからだそうです。

新芽は鮮やかな黄緑色。柔らかい葉が下がってますが、やがて硬くなって大きく広がります。

 

 

ちょっと早めのカクチョウラン

カクチョウラン
カクチョウラン

金作原原生林から帰り道、3年前の豪雨災害で崩落した斜面をふと見るとカクチョウランがきれいに咲いていました。

森の中ではまだ蕾で、通常は5月頃に咲く花です。

市内の庭先など、条件のいいところでは早めに咲いていますが、ここは斜面が崩落して日当たりがいいでしょうね。

「鹿児島県希少野生動植物に関する条例」指定植物

捕獲・採取を行った場合、罰則(最高で1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)が科されることになります。

快晴に新緑の森

快晴
快晴

ようやく快晴の空です。4月にしては冷え込んで、今朝の最低気温は10度。真冬並です。

しかし、その分、空気が澄んでいて、メインポイントではご覧のように、新緑と、そこから見える青空、ヒカゲヘゴの葉っぱが微妙なグラデーションを見せてくれました。

他にもFacebookページのアルバムに写真を掲載しています。お好みの写真に是非「いいね!」で投票して下さい。

キンギンソウ

キンギンソウ
キンギンソウ

散策入り口近くでキンギンソウが咲き始めていました。

地味な花ですがランの仲間です。

また、そのそばでは、これまた地味な花ですがユウコクランが花茎が伸びて、つぼみがついてきています。

ギンリョウソウは終わりが近づき、ハゼノキの新芽もかなり広がってきました。そろそろアカショウビンの声が響き渡る季節になります。

最近の様子はFacebookページのアルバムに随時掲載しています。ご覧下さい。

 

切れ目の入ったフカノキの葉

切れ込みの入った葉
切れ込みの入った葉

フカノキの葉は指を広げたように楕円形の葉がついているのですが、道端のこの葉は切れ込みが入ってました。

幼木かとおもっていたら、よく見ると少し太い幹が途中で切られていて、そこから出て来ている新しい苗木でした。

クワノキなども幼木の時には虫などに簡単に食べられないように(簡単に移動できないようにするため?)するために切れ込みが入っていることがあるのですが、フカノキでは初めて見ました。

隣の葉は通常の形をしているのに面白いですね。

何か辛いことがあったんでしょうか

曲がった木
曲がった木

道端でまっすぐに育っているように見えた木。

よく見ると途中が曲がっています。

何かが当たったのか、押されたのか、辛いことがあってグレてしまったのか。

でも、元の場所に戻るには時間がかかったものの、ちゃんと何事もなかったように、元のまっすぐな位置に戻っています。

根からヌルデの幼木

ヌルデの苗木
ヌルデの苗木

オキナワウラジロガシの巨木に降りていく階段脇に小さなヌルデ(ハゼノキの仲間)の幼木があります。

あまり気にしていなかったのですが、よくみると根本は土の中ではなくて、むき出しになった根から生えてきています。

その根をたどると、階段の反対側(この写真には映っていませんが)人の腕の太さぐらいのヌルデが生えていて、そこから階段を渡るように根っこが伸び、その途中から出て来ています。

おそらく、この階段を作る時に薄くかかっていた土砂が除去されて、むき出しになったのでしょう。傷でもついて、それが原因なのかもわかりませんが、これまた逞しいです。

斜面に踏みとどまって再起!

再起!
再起!

写真真中が元の生えていた場所。

しかし斜面の左下に一度倒れてしまったようで、右側の根っこがなんとか踏ん張っています。

そして一度斜面にくっついた所から根を出して、再起!

たくましい・・・