台風の影響

道を塞ぐ倒木台風15号、16号と連続して奄美大島の近くを通りましたが、金作原原生林への林道はあちこちで崩落や倒木があり、大変荒れた状況となっています。

幸い、全体的なダメージは無いものの、道路の状況は悪く、奄美市が崩落や倒木の撤去を行なっていますが、ご覧のように道路に倒れこんだ倒木があちこちにあり、また、これから倒れそうな木々もあります。

くれぐれも安易に車での乗入れはしないようにお願いします。

鹿児島森林管理署 名瀬森林事務所

標識いざ、金作原原生林のことを調べようとすると、わかったつもりで知らないことだらけ。

まずは利用の歴史、ところがあちこち聞いてみてもわからない。

わかったことは、

  • WWFのエジンバラ公が1984年(昭和59年)、今から28年前に視察をした。(リンクはNHKの番組です。)
  • 20年ほど前(現在、正確な日付確認中)に地元カメラマンの浜田太さんが、奄美の観光ポスターとして初めて森をテーマに金作原原生林のヒカゲヘゴをバックにしたポスターを撮影。このポスター(サムネイル(小さな画像)を貼らせてもらえないか交渉中)は現在も使われていて、島の人たちもびっくりして、一躍、金作原原生林が知られるようになった。

これぐらいです。

平成13年に管理していた大島営林署が廃止となり、あらたに鹿児島新管理署 名瀬森林事務所(上級)というところが管理しているので、問い合わせているところです。

ここまでで時間切れ。明日は奄美野生生物保護センターにも問い合わせてみます。