ボチョウジの実

ボチョウジの実
ボチョウジの実

「奄美大島探検図 Vol.38 2017年新春号」を12月末の発行に向けて、営業・編集作業中で、しばらく更新が滞ると思います。すいません。

写真は先日撮影したボチョウジの実。屋久島・種子島以南に分布しています。

小さな花が咲くのですが、実は色んな色になって、なんだか美味しそう。でも、実を使う、食す地域は無いようです。

シマグワの黄葉

シマグワ
シマグワ

この3日間は「奄美大島探検図」の作業と営業に島内を廻っていましたが、昨日は快晴の南大島を廻りました。

その様子は観光ネットワーク奄美のFacebookページInstagramにも掲載していますので、ご覧ください。

今朝は久々に森へ。早朝から断続的に雨が降っていましたが、現地に到着して歩き出すと雨は止んでくれました。

道端にはシマグワの黄葉が目立ちますが、シマウリカエデの黄葉は少なく、まだ緑の葉が多いのが不思議です。

トクサランも咲きだしていますよ。

メジロホオズキ

メジロホオズキ
メジロホオズキ

晴天になると、まだセミが鳴いている奄美大島の森です。

秋らしい景色をと思いつつ、なかなか撮影したいものが見つからず。

先日から道端に咲いて実をつけているメジロホオズキです。

そろそろトクサランの蕾が膨らんできました。近日中にご紹介します。

お疲れズアカアオバト

ズアカアオバト
ズアカアオバト

先週のことですが・・・

メインのヒカゲヘゴの手前の木には、よくズアカアオバトが留まっていますが、この日も1羽。

でも、なんかお疲れの様で、いつもはスリムな体なのに、羽を膨らませてじっとしています。どこか具合が悪いのでしょうか。折り返して戻ってくるころには姿を消していましたが、ちょっと心配でした。

イヌビワの黄葉

イヌビワの黄葉
イヌビワの黄葉

例年より気温の高い10月でしたが、昨日あたりから北風が吹きつけて、森の中も涼しいというかTシャツ1枚では少し肌寒い感じになりました。

日当たりのいい林道沿いではススキの穂が出ていて、森の奥の散策路沿いではイヌビワやシマウリカエデの葉が黄色くなってきています。

久しぶりにオキナワキノボリトカゲ

キノボリトカゲ
キノボリトカゲ

一昨日の晩から明け方にかけては激しい雨でしたが、昨日は久しぶりの青空。

今日も青空、とはいきませんが、そこそこのお天気でした。

キノボリトカゲもお日様に当たりに出てきたのでしょうか。ヒカゲヘゴの上にいました。

オオジョロウグモ

オオジョロウグモ
オオジョロウグモ

冬場の産卵に向けて、森の中にはたくさんの蜘蛛の巣。

その中でひときわ大きいクモがジョロウグモ。その中でもさらに大きいのがこのオオジョロウグモです。写真の状態で大人の手のひらぐらいでしょうか。

背中に黄色い筋が2本あるので、多分、オオジョロウグモだと思います。(間違ってるかも)

(写真はトリミング、レベル補正しています。)

チャボイナモリの新芽

チャボイナモリの新芽
チャボイナモリの新芽

散策路にはあちこちにキノコが出てきていますが、ふと見るとチャボイナモリの先端になにやら緑の塊。

よく見ると新芽のようです。面白い形をした新芽です。まるで花の様。

ヤクシマアカシュスラン

ヤクシマアカシュスラン
ヤクシマアカシュスラン

散策路の脇にひっそりと咲いていました。

小さいので花にはピントをあわせきれませんでしたが、雰囲気はわかるでしょうか。(デジカメの液晶のタッチパネル機能が効かなくなったので、マニュアルフォーカスが出来なくなっているのです。)

リュウキュウサギソウ

リュウキュウサギソウ
リュウキュウサギソウ

台湾を直撃している台風17号。大きな台風です。昨日から強風が吹き、断続的に激しい雨が降っています。

森の中では2週間ほど前に蕾をみつけたリュウキュウサギソウが満開となっていました。

リュウキュウイノシシに掘り返されてしまったクワズイモもたくましく復活しつつあります。